デ・ブライネ、ケイン、フェルナンデス
【写真:Getty Images】

 20/21シーズンのプレミアリーグの全日程が終了した。今季のプレミアリーグを制したのはマンチェスター・シティ。アシスト王に輝いたのは、得点王とのダブル受賞となったトッテナムのイングランド代表FWハリー・ケインだ。

【今シーズンのプレミアリーグはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 ケインは今季23得点14アシストを記録し、史上2人目となる得点王とアシスト王のダブル受賞。同じくトッテナムに所属する韓国代表FWソン・フンミンは、得点ランキングと同様に4位タイに入った。

 2位には得点ランキングで3位に入っていたマンチェスター・ユナイテッドに所属するポルトガル代表MFブルーノ・フェルナンデスとマンチェスター・シティに所属するベルギー代表MFケビン・デ・ブライネの2人。フェルナンデスは自らもゴール決め、決定的なチャンスを作りユナイテッドの攻撃陣を牽引していた。

 惜しくもリーグ戦5位となったレスター・シティからはエースのジェイミー・ヴァーディが9アシストで6位タイ。得点ランキングでも7位に入っており、同チームの攻撃陣を牽引。今季6位に入り、来季のUEFAヨーロッパリーグ(EL)出場権を獲得したウェストハム・ユナイテッドからは8アシストのアーロン・クレスウェルが9位に入った。今季のプレミアリーグアシストランキング上位10名およびアシスト数は以下の通り。

1位:ハリー・ケイン(トッテナム)14アシスト
2位:ブルーノ・フェルナンデス(マンチェスター・ユナイテッド)12アシスト
2位:ケビン・デ・ブライネ(マンチェスター・シティ)12アシスト
4位:ジャック・グリーリッシュ(アストン・ヴィラ)10アシスト
4位:ソン・フンミン(トッテナム)10アシスト
6位:ラフィーニャ(リーズ)9アシスト
6位:マーカス・ラッシュフォード(マンチェスター・ユナイテッド)9アシスト
6位:ジェイミー・ヴァーディ(レスター)9アシスト
9位:アーロン・クレスウェル(ウェストハム)8アシスト
10位:パスカル・グロス(ブライトン)8アシスト

【了】

新着記事

↑top