スペインの消えた逸材5人(3)。天国から地獄へ…C・ロナウドの後継者になるはずだったのに…

2021年06月01日(Tue)10時00分配信

シリーズ:消えた逸材5人
photo Getty Images
Tags: , , , , , , , ,

若くして才能を披露して高く評価された選手が、そのままスター選手として活躍し続ける保証はない。怪我やプレッシャーに苦しみコンディションを落とす選手がいれば、ピッチ外での問題で活躍の場を失っていく選手も多い。今回は大きな期待を背負いながらも、大舞台から姿を消したスペイン人選手を紹介する。

C・ロナウドの後継者になるはずだったのに…

0512Jese_getty
【写真:Getty Images】

FW:ヘセ・ロドリゲス
現所属クラブ:ラス・パルマス(スペイン2部)



【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 レアル・マドリードのカンテラ(下部組織)に、クリスティアーノ・ロナウドの後継者と目されていた男がいた。ヘセ・ロドリゲスは順調にカテゴリーを上げていき、11/12シーズンにはジョゼ・モウリーニョ監督が指揮を執るトップチームにも帯同。18歳でコパ・デル・レイ(スペイン国王杯)で初出場し、翌年2月にはラ・リーガデビューも果たしている。

 12/13シーズンにはカスティージャ(当時2部)で22得点をマーク。ナチョ・フェルナンデスやカゼミーロ、現在はリバプールでプレーするファビーニョらとチームメイトだったが、その中でもヘセに対する期待は高かった。13/14シーズンに正式にトップチームに昇格すると、カルロ・アンチェロッティ監督はヘセをスーパーサブとして起用。カリム・ベンゼマ、クリスティアーノ・ロナウド、ガレス・ベイルの『BBC』が猛威を振るったシーズンだったが、ヘセも公式戦31試合で8得点と結果を残した。

 しかし、このシーズンの終盤に右膝の前十字靭帯を断裂してしまう。約10か月後に復帰を果たしたが、怪我をする前のコンディションを取り戻すのに苦労した。15/16シーズンは途中出場が中心ながら5得点をマークしたが、シーズン終了後にパリ・サンジェルマンへと完全移籍することとなった。

 ヘセがパリに来たのは23歳のときで、選手としてのピークをこれから迎えるはずだった。しかし、PSGでは出場機会をほとんど与えられず、わずか半年でラス・パルマスに期限付き移籍。その後もストーク・シティ、レアル・ベティス、スポルティング・リスボンと期限付き移籍を繰り返したが、結果を残せなかった。昨年末に契約解除となり、現在はラス・パルマスに所属している。

【了】

新着記事

↑top