アフリカの消えた逸材5人(5)。天国から地獄へ…わずか27歳で…。ナスリを嫌う元アーセナル戦士

2021年06月15日(Tue)18時00分配信

シリーズ:消えた逸材5人
photo Getty Images
Tags: , , , ,

若くして才能を披露して高く評価された選手が、そのままスター選手として活躍し続ける保証はない。怪我やプレッシャーに苦しみコンディションを落とす選手がいれば、ピッチ外での問題で活躍の場を失っていく選手も多い。今回は大きな期待を背負いながらも、大舞台から姿を消したアフリカ人選手を紹介する。

9歳でアーセナルに入団した男

エマニュエル・フリンポン
【写真:Getty Images】



MF:エマニュエル・フリンポン(ガーナ)
現所属クラブ:現役引退


【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 ガーナの大都市クマシに生まれているが、早くにトッテナムへ移住。その後アーセナルに才能を見出されたことで、ジャック・ウィルシャーらと共に9歳で同クラブのユースチームに入団している。そんなエマニュエル・フリンポンのサッカーへの情熱は強く、トッテナムにあるグレイズモア・コミュニティスクールを14歳になると退学。アーセナルでのプレーだけに集中したのである。

 しかし、フリンポンのキャリアは思っていたほど輝かしいものにはならなかった。2011年にトップチーム昇格を掴み、同年8月には公式戦デビューも果たしたが、以降はなかなか出番が増えず。年明けの2012年にはプレータイムを求めウォルバーハンプトンにレンタルされるも、新天地で前十字靭帯の大怪我を負ったことで早々にアーセナルへ復帰。そのままピッチに戻ることなくシーズンを終えた。

 トップ昇格1年目をほぼ棒に振ったフリンポンは翌2012/13シーズンに2度レンタルを経験する。1回目はチャールトン、2回目はフラムだった。ただ、いずれも不発に終わると、2013/14シーズン途中にバーンズリーへ売却。ついに下部組織時代も過ごしたアーセナルから離れることになった。以降フリンポンはロシア、スウェーデン、キプロスでプレーするも活躍できず、2018年には無所属に。そして翌年、27歳という若さで現役引退を決断。長年膝の怪我に悩み、サッカーを心から楽しめなくなったことが理由と自身のSNSに記していた。

 ちなみにフリンポンは2018年、キプロスでプレーしていた際に、苦悩を味わったアーセナルでとくに嫌いだった人物がいたことを明らかにしている。それが、サミル・ナスリだ。2011/12シーズンの第2節リバプール戦で退場した若手のフリンポンに対し、試合後ナスリは「お前のせいで負けたんだ」と言ってきたことがあったよう。そうしたこともあり、以来フリンポンはナスリのことが「本当に好きになれない」のだそうだ。

【了】

新着記事

↑top