13位:絶大なる影響力を持つマンUの背番号10

0628Rashford_getty
【写真:Getty Images】

FW:マーカス・ラッシュフォード(イングランド代表/マンチェスター・ユナイテッド)
生年月日:1997年10月31日(23歳)
市場価値:8500万ユーロ(約102億円)
20/21リーグ戦成績:37試合11得点11アシスト

 7歳からマンチェスター・ユナイテッドのアカデミーでプレーするマーカス・ラッシュフォードは、背番号10を着けるクラブの顔となった。今夏のユーロ(欧州選手権)前のフレンドリーマッチではイングランド代表で初めてキャプテンマークを巻いた。今季はUEFAチャンピオンズリーグ6試合で6得点を挙げ、UEFAヨーロッパリーグ決勝へとチームを導いた。決勝で敗れた後に残した「それは何の意味もない。『惜しかった』なんて言葉は聞きたくない」というコメントからは、リーダーとしての素質と自覚が垣間見える。

 ラッシュフォードの現在の市場価値は8500万ユーロ(約102億円)。期待に沿う成績が残せなかった時期もあるが、それは周囲の期待が高すぎるという側面もある。伝統あるクラブで背番号10を背負うが、実際はまだ23歳で、選手としてはさらなる成長の余白を残している。

 パンデミック下でイギリス政府に働きかけた食糧支援により大英帝国勲章の「メンバー(MBE)」を授与されただけでなく、継続的な社会貢献活動も高く評価されている。人種差別への発言なども含めて、絶大なる影響力のあるサッカー選手の1人と言えるだろう。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top