【結果速報】女子ソフトボール日本代表、メキシコにサヨナラ勝ち 上野由岐子&後藤希友が好投、延長タイブレーク制す【東京五輪】

2021年07月22日(Thu)14時16分配信

text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , ,

GettyImages-1329787353 (1)
【写真:Getty Images】



 東京五輪(東京オリンピック)・女子ソフトボール競技2日目が22日、福島あづま球場で行われ、日本代表は第2試合でメキシコ代表と対戦。延長タイブレークまでもつれたが、3-2でサヨナラ勝ちを収めた。

【今シーズンのJリーグはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 日本は、この日39歳の誕生日を迎えた上野由岐子投手が、前日のオーストラリア戦に続いて先発マウンドへ。大事な初回は、2、3番から連続三振を奪うなど三者凡退の立ち上がり。2回は、先頭打者に左翼フェンス直撃の二塁打を打たれ、ワイルドピッチで三塁に走者を背負ったが、後続を断って無失点で切り抜けると、打線は直後に6番・藤田倭選手の2戦連発となるソロ本塁打で先制に成功した。

 援護をもらった上野は、3回2死から4回にかけて4者連続三振を奪うなど圧巻の奪三振ショーを披露。5回には7番アニサ・ウルテス内野手に中堅を超える同点ソロ本塁打を献上したが、直後に打線は、2死二塁から8番・我妻悠香捕手のレフトオーバーの二塁打で勝ち越した。

 1点差のまま迎えた最終7回も上野が続投。しかし先頭打者に四球、次打者に安打で無死一、三塁のピンチを迎え、7番ウルテスの適時打で再び同点。ここで2番手後藤希友投手にスイッチした。後藤は、無死一、二塁からのマウンドだったが、3者を打ち取る完璧な火消し。試合は、タイブレーク制(無死二塁から開始)が適用される延長戦へ突入した。

 延長8回の守りは、先頭打者のバント安打などで二、三塁とされたが、連続三振で2死。四球で歩かせ満塁に変わったが、6番ビクトリア・ビダレス内野手も三振で切って取り、無失点に抑えた。打線はその裏、1死三塁の場面を作ると、9番・渥美万奈内野手が遊撃へゴロを転がし、三塁走者が生還して勝負を決めた。

 延長タイブレークの末、見事2連勝を飾った日本代表。次戦は開会式が行われる23日を挟み、24日・横浜スタジアムでイタリア代表と対戦する。

女子ソフトボール テレビ放送予定・試合日程・メンバー一覧はこちら

【了】

新着記事

↑top