東京五輪出場中のスペインFWがトッテナムへ移籍決定。アルゼンチン代表MFとトレード

2021年07月26日(月)21時23分配信

photo Getty Images
タグ: , , , , , , , , , , , ,

ブライアン・ヒル、エリック・ラメラ
【写真:Getty Images】



 セビージャに所属していたスペイン代表FWブライアン・ヒルと、トッテナムに所属していたアルゼンチン代表MFエリック・ラメラのトレードが決定した。26日に両クラブから発表が行われている。

【今シーズンのトッテナムはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 ブライアン・ヒルはトッテナムへ完全移籍し、2026年までの契約にサイン。ラメラはセビージャへ完全移籍し、2024年までの3年契約を交わすことが発表された。移籍金の支払いについて言及はされていないが、両国メディアの事前報道などによればトッテナムからセビージャへ差額として2500万ユーロ(約32億5000万円)が支払われるとみられている。

 現在20歳のウインガーであるブライアン・ヒルはスペインの期待の若手選手の一人。セビージャ下部組織からトップチームにデビューし、昨季はエイバルにレンタルされてリーガ1部で29試合に出場し4得点3アシストを記録していた。

 スペインの各年代の代表チームでもプレーし、今年3月にはA代表にもデビュー。現在はU-24スペイン代表の一員として東京五輪(東京オリンピック)に出場している。

 現在29歳のラメラは2013年にローマからトッテナムへ移籍し、8年間在籍。公式戦合計250試合以上に出場し、近年のチームの好成績に貢献していた。

【了】

新着記事

↑top