バルセロナ、デパイら新戦力3選手の登録完了。ピケの大幅給与カットで可能に

2021年08月14日(Sat)19時44分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , ,

メンフィス・デパイ
【写真:Getty Images】



 バルセロナは14日、オランダ代表FWメンフィス・デパイ、スペイン代表DFエリック・ガルシア、アルバニア代表FWレイ・マナイの3選手をリーガに選手登録することが可能になったとして発表を行った。DFジェラール・ピケが大幅な給与カットの合意に達したおかげだと説明されている。

【今シーズンのバルセロナはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 経営面で困難に陥っているバルセロナは、リーガの設定したサラリーキャップの制限を大幅に超過している状況にあった。FWリオネル・メッシは給与を50%カットした上での新契約に合意していたが、それでも契約が不可能となり、退団を余儀なくされてパリ・サンジェルマンへ移籍することになった。

 メッシの退団だけにはとどまらず、新たに加入した選手たちの登録も認められない状況だと報じられていた。だが第2キャプテンであるピケが大幅な給与カットに応じたことで、3人の選手の登録が可能になったとのことだ。

 メンフィス・デパイは今夏にリヨンから、エリック・ガルシアはマンチェスター・シティからそれぞれ加入。マナイは昨季からバルセロナBに所属していた選手であり、プレシーズンの練習試合でハットトリックを達成するなどアピールしていた。

 バルセロナは現地時間15日に行われるリーガ開幕戦でレアル・ソシエダと対戦する予定。3選手の登録により、この試合に「全選手が出場可能になった」とクラブは述べている。

 もうひとりの新加入選手であるFWセルヒオ・アグエロは負傷のため11月頃まで離脱とも予想されており、今回登録されたメンバーには含まれていない。クラブはさらなる給与総額削減のため、MFセルヒオ・ブスケッツ、DFジョルディ・アルバの2人ともピケと同様の給与カットに向けた交渉を行っていることを明らかにしている。

【了】

新着記事

↑top