ハメス・ロドリゲス
【写真:Getty Images】



 エバートンに所属するコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスは、アトレティコ・マドリードへ移籍する可能性があるのかもしれない。同選手がSNSで投稿した“意味深”メッセージに注目が集まっている。

【今シーズンのリーガはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 ハメスはレアル・マドリードで構想外となったあと昨年夏にエバートンへ移籍。だが恩師カルロ・アンチェロッティ監督がマドリーへと復帰したこともあり、早くもエバートンを離れることを望んでいると言われている。

 そのハメスは17日に、複数SNSの公式アカウントで意味深なメッセージを投稿。アトレティコへの移籍を示唆するものではないかとして注目が集まっている。

 ハメスが投稿したのは、自身の笑顔の写真に「決して信じることをやめるな」というスペイン語の短いメッセージ、そして「Soon(もうすぐ)」の絵文字を添えたもの。このメッセージはアトレティコを象徴するフレーズとして広く知られているものだ。

 近年の低調なパフォーマンスや、何よりレアル・マドリードでプレーした過去を持つことから、ハメスの加入を歓迎しないアトレティコサポーターも多いのではないかとも予想されている。果たして本当にハメスは、古巣のライバルクラブへ移るのだろうか。

【了】

新着記事

↑top