GKも棒立ち! U-24日本代表MFのゴールが華麗すぎる! 歓喜もたらしたその一撃とは… 【動画付き】

2021年08月27日(Fri)11時15分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , ,

0827-三好
【写真:Getty Images】


[ftp_del]
【アントワープ 2-0(2戦合計4-4、PK3-2) オモニア・ニコシア ヨーロッパリーグ・プレーオフ2ndレグ】

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 UEFAヨーロッパリーグ(EL)・プレーオフの2ndレグ、アントワープ対オモニア・ニコシアが現地時間26日に行われた。1stレグを2-4で落としたアントワープはこの試合で合計スコア4-4に追いつき、PK戦の末に本大会出場権を獲得した。1stレグでゴール決めた三好康児はこの日も先制点をマーク。華麗なループシュートを決めている。

 その先制点は28分に生まれた。GKのジャン・ブテスからのロングボールをヨハネス・エッゲシュタインがDFの背後にヘディング。このボールに抜け出した三好は、飛び出していた相手GKを冷静に確認し、華麗なループシュートを決めた。

 1stレグを2-4で落としたアントワープにとって前半早い時間での三好のゴールは、チームに落ち着きと余裕をもたらす貴重なゴールだった。その後、試合終了間際84分に追加点を決めたアントワープは合計スコア4-4に追いつき、試合は延長戦に突入。しかし、延長でも決着がつかず勝負はPK戦へ。

 先行のオモニア・ニコシアは1人目と3人目が失敗。アントワープの4人目を任された三好は、ゴール左上に豪快に突き刺した。その後、オモニア・ニコシアは5人目が失敗。アントワープは5人目を蹴らずしてEL本大会の出場権を獲得した。

1 2

新着記事

↑top