ユベントス、アメリカ代表MFを放出も?コロナ対策違反の“再犯”に激怒か

2021年09月06日(Mon)23時46分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , ,

ウェストン・マッケニー
【写真:Getty Images】



 ユベントスはアメリカ代表MFウェストン・マッケニーの軽率な行動に怒りを覚えており、今後同選手の放出を検討する可能性もあるとみられている。伊紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』などが伝えた。

【今シーズンのユベントスはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 現在アメリカ代表に合流しているマッケニーは、2日に行われたカタールワールドカップ北中米カリブ海最終予選第1節のエルサルバドル代表戦に出場。だが続いて5日に行われた第2節のカナダ代表戦ではメンバー外となった。

「残念ながら新型コロナウイルス対策のプロコトル違反により試合から外されてしまった」とマッケニーは自身のインスタグラムアカウントで説明と謝罪を行った。詳細は明らかにされていないが、何らかの違反による懲罰としての欠場だったようだ。

 マッケニーは昨年夏にシャルケからのレンタルでユベントスに加入。昨季の公式戦46試合に出場するなど重要な戦力となり、3月には完全移籍のオプションが行使された。

 しかし、軽率な行動が問題視されたのは今回が初めてではない。今年4月にはFWパウロ・ディバラとMFアルトゥールを招いて自宅でパーティーを行ったとして、感染対策違反でクラブから罰金および試合欠場の懲罰処分を受けていた。

 今回の“再犯”に対してクラブは激怒し、マッケニーの売却も検討し始めているという。英国メディアではこれまでに獲得への関心が噂されていたクラブとしてトッテナムやアストン・ビラが挙げられている。

【了】

新着記事

↑top