冨安健洋、アーセナルでデビュー迫る。日本人選手10人目のプレミアリーグ出場へ

2021年09月11日(土)15時36分配信

photo Getty Images
タグ: , , , , , , , , , , ,

冨安健洋
【写真:Getty Images】



 アーセナルに加入した日本代表DF冨安健洋は、現地時間11日に行われるプレミアリーグ第4節のノリッジ・シティ戦でデビューを飾ることが見込まれる。出場すれば日本人選手としては10人目のプレミアリーグ出場となる。

【今シーズンの冨安健洋はDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 冨安は日本代表での戦いを終えてアーセナルに合流して初練習に参加し、労働許可証の取得も完了。ノリッジ戦で早速の先発に起用されるかどうかは不確定だが、少なくともベンチ入りは濃厚と予想されている。

 アーセナルに所属する日本人選手は冨安で4人目。だが浅野拓磨(現ボーフム)は他クラブにレンタルされていたためアーセナルでの試合出場はなく、稲本潤一(現SC相模原)はアーセナルでカップ戦2試合に出場したもののプレミアリーグ出場はなかった。

 アーセナルでプレミアリーグの試合に出場したことがある選手は、2013/14シーズンに1試合に出場した宮市亮(現横浜F・マリノス)のみ。冨安が出場すれば2人目となる。

 宮市はアーセナルの他にボルトンとウィガンでもプレミアリーグ出場。稲本はアーセナルでのリーグ戦出場はなかったがウェスト・ブロムウィッチとフラムで出場した。この2人の他に、7人の日本人選手がプレミアリーグの試合に出場している。

 サウサンプトンで日本人選手最多のプレミアリーグ154試合に出場した吉田麻也をはじめ、戸田和幸氏、中田英寿氏、香川真司、岡崎慎司、武藤嘉紀、現リバプールの南野拓実がこれまでに出場。他には川口能活氏、西澤明訓氏、李忠成もプレミアリーグクラブに在籍したがリーグ戦での出場はなかった。

【了】

新着記事

↑top