カリム・ベンゼマ、キリアン・ムバッペ
【写真:Getty Images】



 レアル・マドリードのフランス代表FWカリム・ベンゼマは、パリ・サンジェルマン(PSG)の同代表FWキリアン・ムバッペがマドリーへ移籍することになると確信しているようだ。仏紙『レキップ』の2日付インタビューに語った。

【今シーズンのレアル・マドリーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 今年夏の移籍市場ではマドリーが本格的に獲得への動きを見せ、巨額のオファーを提示しながらも獲得に至らなかったムバッペ。だがPSGとの契約が満了する来年夏にはフリーでマドリーへ移籍する可能性が高いと予想されている。

 ムバッペ自身もマドリーへの移籍を望んでいると言われているが、ベンゼマの言葉もそれを裏付けている。「彼自身がそう言った」とベンゼマは、ムバッペの移籍の意思について仏紙に語った。

「彼は何か別のものを見たいと望んでいる。いつかレアル・マドリードでプレーすることになるだろう。いつなのかは分からないが、彼は来る。時間の問題だ」とベンゼマはムバッペ加入の見通しを示している。

 PSGはムバッペとの契約延長を信じる姿勢を崩してはおらず、契約満了を迎えた場合にはプレミアリーグなどの他クラブも獲得を試みることが予想される。それでもムバッペは、やはりマドリーへ移籍することになるのだろうか。

【了】

新着記事

↑top