セルジュ・オーリエ
【写真:Getty Images】



 トッテナムを退団してフリーとなっているコートジボワール代表DFセルジュ・オーリエは、ビジャレアルに加入する可能性が高くなったようだ。スペイン紙『マルカ』など複数メディアが伝えている。

【今シーズンのレアル・マドリーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 トッテナムで出場機会が減少し、夏の移籍市場でリールなどからの関心も噂されたオーリエだが、移籍先は決まらないまま8月31日付で契約を解除。移籍市場の終了前にフリーとなったことで、移籍期間外でも他クラブへの加入が可能となった。

 フリーで獲得可能な有力選手として様々なクラブが関心を示していたとみられ、アーセナルやレアル・マドリードなどへの加入の可能性も報じられていた。だが新天地はビジャレアルに決まることになりそうだ。

 オーリエはすでに現地時間3日にビジャレアル本拠地を訪れていたとのこと。メディカルチェックなどで問題がなければ4日には契約が正式に交わされることになると見込まれている。

 現在ビジャレアルを率いるウナイ・エメリ監督とは、過去にパリ・サンジェルマンで一緒だったこともある。次はスペインで再会することになりそうだ。

【了】

新着記事

↑top