年にアーセン・ヴェンゲルが監督となって以降、数々なタイトルを獲得したアーセナル。2度のリーグ戦とカップ戦の”二冠”達成や2003/04シーズンのプレミアリーグ史上唯一の無敗優勝など、2000年代前半にクラブは黄金期を迎えた。今回、フットボールチャンネルでは21世紀にアーセナルで大活躍した11名の選手をピックアップ。クラブの歴史に名を刻んだ選手たちを紹介していく。


GK紹介

20211011_arsenal_getty
【写真:Getty Images】

イェンス・レーマン(元ドイツ代表)
生年月日:1969年11月10日
在籍期間:03夏~07年夏、11年3月~11年夏
クラブ通算成績:200試合168失点
代表通算成績:61試合51失点


【今シーズンのアーセナルはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】

 21世紀以降のアーセナルで最も多くの試合に出場しているGKがイェンス・レーマンだ。03年夏にマンチェスター・シティへと移籍したデビッド・シーマンに代わってアーセナルに加入し、すぐに正GKに定着した。

 加入初年度の2003/04シーズン、圧倒的な強さを誇ったアーセナルはプレミアリーグを史上唯一の無敗で制覇。全試合に出場したレーマンは15試合でクリーンシートを記録するなど、優勝に大きく貢献した。2005/06シーズン、アーセナルはUEFAチャンピオンズリーグ(CL)で決勝に進出するが、18分にレーマンが退場。先制するも逆転を許し、悲願のCL初優勝を逃した。

 ミスが増えたこともあり、2007/08シーズンにマヌエル・アルムニアにポジションを奪われ、シーズン終了後に退団。10年夏に一度、現役引退をするも、アーセナルにケガ人が続出したこともあり翌年3月に現役復帰。1試合に出場し、シーズン終了後に2度目の現役引退をした。

【次ページ】DF紹介

1 2 3 4 5

新着記事

↑top