危険すぎる…。ポグバが一発退場、C・ロナウドもラフプレー。リバプール戦で起きたマンUの残念なプレーとは…

2021年10月25日(Mon)9時09分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , ,

1025Pogba_getty
【写真:Getty Images】


 プレミアリーグ第9節、マンチェスター・ユナイテッド対リバプールが現地時間24日に行われた。イングランドを代表する伝統の一戦で、ユナイテッドは0-5という屈辱的なスコアで敗戦。内容やスコアで圧倒されただけでなく、クリスティアーノ・ロナウドの危険なファウルや、ポール・ポグバの一発退場など、目を覆いたくなるような残念なプレーがあった。

【今シーズンのユナイテッドの試合はDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 3-2で競り勝った直近のUEFAチャンピオンズリーグと同様に、リバプールは早い時間に先制する。5分にナビ・ケイタ、13分にディオゴ・ジョタがゴールネットを揺らすと、38分にはモハメド・サラーがクラブ新記録となる公式戦10試合連続となるゴールを決めて3-0とした。

 予想外ともいえる圧倒的な展開に、ロナウドはいら立ちを隠せなかったのか。前半アディショナルタイムの決定機をGKアリソンにセーブされると、こぼれたボールをめぐってラフプレーを見せてしまった。競り合いで倒れたカーティス・ジョーンズの腹部付近にあったボールを、ジョーンズめがけて蹴ってしまった。

 明らかに危険だったファウルにリバプールの選手は抗議。主審がロナウドにイエローカードを提示して、その場はいったん収束した。

 前半アディショナルタイム、50分にもサラーはゴールを決め、ハットトリックを達成する。52分にロナウドがゴールネットを揺らしたが、直前のプレーがオフサイドに。一方的な展開をさらに決定的なものにしてしまうプレーが、60分に起きた。

 ユナイテッドはCKのチャンスで、素早いリスタートを選択する。リターンパスを受けるポグバにケイタが寄せると、ポグバのタックルがケイタの足に入ってしまった。一度はイエローカードが提示されたが、VARの検証を経てレッドカードに。ポグバは両方の足裏を見せており、レッドカードに値する危険なファウルだった。

 その後はスコアが動かず、0-5でユナイテッドは敗れた。ユナイテッドはこの試合で6枚のイエローカードと、1枚のレッドカードを受けている。スコアとともに、そのプレーは後味の悪さを残している。

1 2

新着記事

↑top