なぜアーセナルは変貌を遂げたのか? 完全に支配する冨安健洋、そして安定感抜群なのは…【分析コラム】

2021年11月08日(Mon)12時04分配信

シリーズ:分析コラム
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , ,

プレミアリーグ第11節、アーセナル対ワトフォードが現地時間7日に行われ、1-0でホームチームが勝利した。冨安健洋は右SBとして先発フル出場。安定したパフォーマンスで、2試合連続のクリーンシートに貢献した。(文:阿部勝教)

終始相手を圧倒

1108-tomiyasu
【写真:Getty Images】

 冨安健洋の加入以降、リーグ戦7戦無敗のアーセナルが相手を圧倒。試合開始早々から主導権を握り、ベン・ホワイトからの縦パスを起点に攻撃のギアを上げるアーセナルは、再三ゴールに迫った。

【今シーズンのアーセナルはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 開始7分には、ブカヨ・サカがゴールネットを揺らすも、VARのチェックによりオフサイドの判定が下された。34分にはPKを獲得したが、ピエール=エメリク・オーバメヤンのキックは阻まれ、またしても先制点とはならなかった。

 だが、後半に入っても勢いの落ちないアーセナルは56分、新10番のエミール・スミス=ロウが待望の先制ゴール。ペナルティーエリア手前でこぼれたボールに右足を振り抜き、3試合連続ゴールを決めた。

 先制されたワトフォードは失点後、ジョアン・ペドロを投入して攻勢に出たが、アーセナルはベン・ホワイトを中心とした堅い守備で相手の攻撃をシャットアウト。相手にほとんどチャンスを作らせなかった。

 結果、ホームのアーセナルはボール保持率61%、シュート14本、枠内シュート6本とスタッツでも相手を圧倒。ミケル・アルテタ監督の公式戦100試合目を勝利で飾った。

 これでアーセナルはリーグ戦8戦無敗。第11節を終えた時点で、マンチェスター・ユナイテッドを抜き、ヨーロッパリーグ(EL)圏内の5位にまで順位を上げた。

1 2 3

新着記事

↑top