さすが絶好調の男! 日本代表FW古橋亨梧が躍動! 絶妙アシストなどでチーム内の評価は…【EL】

2021年11月26日(Fri)9時46分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , ,

古橋亨梧
【写真:Getty Images】



 ヨーロッパリーグ(EL)・グループリーグ第5節、レバークーゼン対セルティックが現地時間25日に行われた。この試合では、日本代表FW古橋亨梧が活躍。チームに2ゴールをもたらしている。

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 ワントップで先発した古橋は0-1で迎えた37分、左サイドからのクロスに対し思い切ってゴール前に飛び込むと、GKルーカス・フラデツキーの手が顔面に直撃。オン・フィールド・レビュー(OFR)の結果これがファウルとなり、セルティックにPKが与えられている。古橋の思い切りの良さが呼び込んだチャンスを味方が冷静に決め、チームは同点に追いついた。

 さらに古橋は56分、ボックス内でボールを収めると、難しい体勢ながら左サイドへパスを展開。フリーで待っていたジョタがシュートを沈めたことで、古橋にはアシストが付くことになった。

 古橋は2-1リードで迎えた76分に交代を命じられている。この日のシュート数は0本だった。それでも、2ゴールに絡んだことで、データサイト『Who Scored』内では「7.3」とチーム最高評価が与えられることになった。

 しかし、セルティックは古橋がベンチへ下がった後に2点を失い、2-3で敗北。この結果3位でのEL敗退が確定した。

【了】

新着記事

↑top