C・ロナウドの立場危うし!?ラングニック監督就任なら影響大か

2021年11月26日(Fri)17時35分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , ,

クリスティアーノ・ロナウド
【写真:Getty Images】



 マンチェスター・ユナイテッドは、ラルフ・ラングニック氏の監督招へいに動いている。これによって、FWクリスティアーノ・ロナウドがどうなるかは早くも注目を集めているようだ。英『ミラー』が取り上げた。

【今シーズンのユナイテッドの試合はDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 報道によると、ユナイテッドはラングニック氏を半年契約で迎えるつもりだ。当初は良い反応ではなかったものの、その後2年間はクラブにアドバイザーの形として残る条件を提示されて就任に向かっているとみられる。

 経験豊富なラングニック氏の招へいは、ユナイテッドにとって良いニュースと歓迎されている様子。しかし、『ミラー』は、C・ロナウドにとっては違うかもしれないとした。

 ラングニック氏は、高強度のハイプレスをかけることで知られている。相手守備陣に圧力をかけ、そこでミスを誘って一気にたたみ掛けるスタイルが得意だ。

 そうなると、C・ロナウドの起用は簡単ではない。『ミラー』は『fbref』のデータを紹介。これによると、C・ロナウドは敵陣でプレッシャーをかけた回数のランキングで、プレミアリーグ全選手中293位。ファイナルサードでのプレッシャーは、90分間あたり2.07回と少なく、ラングニック氏を納得させる数字ではないとした。

 それでも、C・ロナウドは、今季すでに10ゴールを挙げている。新体制で36歳のスーパースターがどのように起用されるかも気になるところだ。

【了】

新着記事

↑top