「監督から素晴らしい話があった」。今季初ゴールの久保建英は「ゴールを決めるつもりでいました」

2021年12月05日(Sun)11時18分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , ,

1205Kubo_getty
【写真:Getty Images】



 ラ・リーガ第16節、アトレティコ・マドリード対マジョルカが現地時間4日に行われ、アウェイチームが1-2で逆転勝利。この試合に途中出場した久保建英は今季初ゴールを決め、チームを勝利に導いている。

【今シーズンの久保建英はDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 1点ビハインドの78分に途中出場した久保は、1-1で迎えた後半アディショナルタイムに逆転ゴール。強固な守備を誇るアトレティコ・マドリードからゴールを奪い、マジョルカをリーグ戦7試合ぶりの勝利に導いた。

 勝利の立役者となった久保は、試合後にスペイン『モビスター』のインタビューに対し、「試合前、監督から素晴らしい話があり、とても良い準備をして試合に臨めました。前半は非常に均衡していて、後半になると彼らはプレッシャーをかけてきましたね。難しい試合になることは分かっていました」とコメント。

 また、「アトレティコは1-0から逆転されることがほぼないチームです。少し運が良かったですが、最後までトライし続けた結果、うまくいきました」と話した。

 自身のゴールシーンについては「決勝ゴールを決めるつもりでいました。映像を見ると分かりますが、僕はゴール前で少し緊張し、タッチが短くなってしまいました」と振り返っている。

 そして最後に「僕は100%マジョルカに尽くしていますが、もし(レアル・)マドリーを助けられるなら、それも喜ばしいこと」と言葉を残した。

【了】

新着記事

↑top