セルティックで日本人選手4人がレギュラー!? 現地紙が1月以降の布陣を予想

2021年12月15日(Wed)22時50分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , ,

旗手怜央、前田大然、井手口陽介
【写真:Getty Images】



 セルティックからの関心が噂される日本人選手3人が実際に移籍したとすれば、古橋亨梧も含めた4人全員がレギュラーとしてプレーする可能性もあるのかもしれない。現地紙『デイリー・レコード』が1月以降のフォーメーションを予想している。

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 元横浜F・マリノスのアンジェ・ポステコグルー監督が率いるセルティックは、夏に加入して活躍している古橋に続いて1月にはさらにJリーグからの補強を行うと予想される。新戦力候補として盛んに噂されているのが川崎フロンターレの旗手怜央、横浜FMの前田大然、ガンバ大阪の井手口陽介の3人だ。

『レコード』紙は14日付記事で、3人全ての加入が実現した場合のセルティックの新たな布陣を検討。古橋も含めて4人の日本人選手を予想先発フォーメーション図に含めている。

 旗手は様々なポジションでプレー可能だが、川崎Fと同じく左サイドバックで起用と予想。負傷がちなスコットランド代表DFグレッグ・テイラーらに代わって先発を務めるとの見通しを示した。

 中盤では井手口が4-3-3のアンカーの位置に入ると予想している。3トップは古橋が不動のセンターフォワードとして中央に入り、前線のどこでもプレー可能な前田は左ウイングの位置に置いている。

 ポステコグルー監督は、1月の移籍市場が開き次第すぐにでも新加入選手をチームに加えたいという希望も口にしている。噂となっている日本人選手の移籍は実現するのだろうか。

【了】

新着記事

↑top