バルセロナFWが幼少期に抱いた父への疑問「本当に愛されているのか?」

2021年12月24日(Fri)17時45分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , ,

マルティン・ブライトバイテ
【写真:Getty Images】



 バルセロナのFWマルティン・ブライトバイテが、幼少期に父親との関係に疑問を抱えていたことを明かした。『433』のドキュメンタリーの内容をスペイン『マルカ』などが伝えている。

【今シーズンのバルセロナはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 デンマーク代表のブライトバイテは、子どものときに、かなり厳しく父からサッカーを教わったという。

 ブライトバイテはその当時を振り返り、「とてもタフだった。すごく厳しい父を持つと、本当に僕のことを愛しているの、と疑問に思うこともあったよ」と語った。

 これについてブライトバイテの父も認めており、「一緒にサッカーをしたとき、私は息子に楽をさせたことがありません。いつも限界まで追い込みました」と述べている。また、試合中や試合後の声かけも厳格そのものだったようで、「息子がひどいプレーをしたら、『次はうまくいくよ』なんて優しい言葉をかけたことはないですね。それは十分ではないでしょう」と話している。

【了】

新着記事

↑top