レアル・マドリード最新ニュース

レアル・マドリード
【写真:Getty Images】



2位以下を大きく引き離したマドリー

 先週末に行われた試合の結果により、レアル・マドリードは今季のリーガエスパニョーラ優勝に向けて大きく前進した。最短の場合はいつ、どのような条件で優勝が決定することになるのだろうか。



【今シーズンのレアル・マドリードはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴】

 リーガ首位を走るマドリーは、17日に行われた第32節の試合で直接のライバルチームのひとつであるセビージャに劇的逆転勝利。さらに18日には2位バルセロナがホームでカディスに敗れる失態を演じ、マドリーはさらに優位に立つことになった。

 マドリーはこれで6試合を残してバルセロナ、セビージャ、アトレティコ・マドリードの3チームに勝ち点15差をつけている状況となった。早ければ今週末には優勝が決定することになるかもしれない。

 今週はミッドウィークにも第33節の試合が組まれており、マドリーは20日にアウェイでオサスナと対戦予定。マドリーがこの試合に勝利したとすれば、アトレティコとセビージャはそれぞれグラナダ、レバンテに勝利しない限り逆転優勝の可能性が消滅する。

 だがバルセロナは延期された1試合を多く残しているため、21日のレアル・ソシエダ戦に敗れたとしてもまだ優勝が消滅することはない。ソシエダ戦で勝利を逃し、24日に予定される第21節順延分のラージョ・バジェカーノ戦にも勝てなかったとすれば、マドリー(オサスナ戦に勝利した場合)に追いつくことは不可能となる。

 マドリーは今週末に試合を行わないが、最短の場合は24日のバルセロナ対ラージョ戦の結果次第で戦わずして優勝が決まるということになる。ライバル3チームのいずれかが勝利を挙げればまだ今週で決まることはないが、いずれにしても2年ぶりの優勝まであとわずかに迫っている状況だ。

【了】

新着記事

↑top