リバプールの希望! 最強の逸材3人。次世代のエース、ファビーニョの後継者となる男とは?

2022年05月09日(Mon)6時30分配信

シリーズ:最強の逸材
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , ,


サッカー最新ニュース

 近年ではキリアン・ムバッペやアーリング・ハーランドを筆頭に、10代から活躍する選手は決して珍しくない。既にトップチームで頭角を現し、世界中に認知されている選手もいるが、これから出てくる逸材も数多くいる。ここでは、近い将来に頭角を現す可能性が高い若手選手をピックアップ。今回はリバプールの将来を担う逸材3人を紹介する。(ポジションは主に所属クラブのもの、市場価格は『transfermarkt』を参考)。


FW:カイデ・ゴードン(U-19イングランド代表)

ゴードン
【写真:Getty Images】

生年月日:2004年10月5日(17歳)
トップチーム通算成績:4試合1得点1アシスト
市場価値:100万ユーロ(約1.2億円)


【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴】


 ダービー・カウンティが生んだ超逸材、カイデ・ゴードンは2020年にウェイン・ルーニー監督の下でトップチームデビュー。イングランド国内最高の16歳と称され、注目を集めた同選手は、2021年に340万ユーロ(約4億円)という移籍金でリバプールに引き抜かれた。

 右サイドを主戦場とするゴードンは、卓越したテクニックとスピードを活かしたドリブルで相手を翻弄する。シュートセンスも抜群。ゴール前では17歳とは思えない落ち着きを見せ、正確且つ強力なシュートを放つ。

 ユルゲン・クロップ監督からの評価も高く、スタメンに抜擢されたFAカップ3回戦のシュルーズベリー・タウン戦では初ゴールをマーク。マイケル・オーウェンの記録を破り、クラブ史上2番目に若いスコアラーとなった。ポテンシャルは十分。リバプールの将来を担うこのレフティーは、モハメド・サラーに次ぐ次世代のエースとなれるか。今後の活躍にさらなる注目が集まる。

1 2 3

新着記事

↑top