チェルシーのドイツ代表FW、ワールドカップ前に移籍も? プレミアリーグで苦戦続く

2022年06月20日(Mon)23時40分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , ,

チェルシー最新ニュース

ティモ・ヴェルナー
【写真:Getty Images】



イングランドでは苦戦のヴェルナー

 チェルシーのドイツ代表FWティモ・ヴェルナーは、ワールドカップを前にしてクラブを移る可能性もあるのかもしれない。チェルシーは同選手の放出を検討しているとの見方も伝えられている。



【今シーズンの海外サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴】

 2019/20シーズンのブンデスリーガでは34試合の出場で28得点を記録するなど、躍進するRBライプツィヒのエースとしてゴールを量産していたヴェルナー。2020年夏にはチェルシーへ完全移籍し、新たな得点源として大きな期待を背負っていた。

 だがプレミアリーグでの1年目は35試合に出場してわずか6ゴールにとどまる。2年目の2021/22シーズンこそは飛躍が期待されたが、負傷や新型コロナウイルス感染なども影響して出場機会は減少し、21試合4得点という成績で終えることになった。

 英『フットボール・ロンドン』が伝えたところによれば、チェルシーは夏の移籍市場でヴェルナーを放出することも検討し始めているという。現時点で具体的な動きは伝えられていないが、適切なオファーが届いた場合には交渉に応じる姿勢だとみられている。

 ヴェルナーに対してはボルシア・ドルトムントが以前に関心を示し、夏にも再び獲得に動くことを考えていたとのこと。だが年俸1600万ユーロ(約22億7000万円)前後とされる高額給与が問題となり、ドルトムントが獲得することは難しいようだ。

 11月には、ドイツ表が初戦で日本代表と対戦するカタールワールドカップにも出場が見込まれるヴェルナー。ベストな状態でワールドカップを迎えるためにも、環境を変えようと考えることもあり得るのだろうか。

【了】

新着記事

↑top