レアル・マドリード最新ニュース


【写真:Getty Images】



アンチェロッティ監督も言及

 レアル・マドリードのスペイン代表MFマルコ・アセンシオは、アーセナルやマンチェスター・ユナイテッドなどへ移籍する可能性があるのかもしれない。カルロ・アンチェロッティ監督も退団の可能性に言及している。



【今シーズンのレアル・マドリードは「DAZN for docomo」で!
いつでもどこでも簡単視聴】

 マドリー加入から7年目のシーズンを迎えているが、近年は移籍市場のたびに退団の噂が絶えないアセンシオ。マドリーとの契約が残り1年を切ったこともあり、去就が不確定な状況とみられている。

 アンチェロッティ監督は27日の会見でアセンシオの現状について言及。「何も新しい話はない。彼は状況を検討しているところだ。(移籍市場終了翌日の)9月2日になればはっきりする。残留すれば重要な選手になってくれるだろう」とコメントしている。

 現時点での状況は不確定だが、退団の可能性も否定はしていないというのが指揮官の態度だ。さらにアンチェロッティ監督は、アセンシオが移籍したとしても「誰も獲得することはない」と代役の補強を否定している。

 英国メディアでは、アーセナルが特に以前からアセンシオの獲得に関心を示しているクラブだと言われていた。英紙『ミラー』などによれば、アヤックスのブラジル代表FWアントニーを最大のターゲットとしているマンチェスター・ユナイテッドも、アントニー獲得に失敗した場合の代案としてアセンシオをリストアップしている状況だという。

 昨季のリーガエスパニョーラでは自身初の二桁得点を記録したとはいえ、完全なレギュラーという立場ではなかったアセンシオ。今季はここまで開幕から2試合でわずか8分間の出場にとどまっている。

【了】

新着記事

↑top