ハーランド、来年は得点王の新賞受賞?「得点し続けるなら簡単」元イングランド代表MFが確信

2022年10月19日(水)12時10分配信

photo Getty Images
タグ: , , , , , , , , , , , ,

マンチェスター・シティ最新ニュース


【写真:Getty Images】



アーリング・ハーランド、このまま得点量産し続ければ…


 マンチェスター・シティ(マンC)に所属する22歳のノルウェー代表FWアーリング・ハーランドが、2023年にゲルト・ミュラー賞を獲得すると、元イングランド代表MFのショーン・ライト=フィリップス氏が予想した。同クラブのインタビューで語っている。



【今シーズンのシティの試合はDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】

 ハーランドは今季、マンCで公式戦14試合に出場し20得点3アシストを記録。すでにプレミアリーグでハットトリックを3回、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)では開幕から3戦連続でゴールを決めるなど、シーズン序盤から爆発的な得点力を見せつけている。このままのペースでいけば、ディキシー・ディーン氏のリーグ戦60得点を超えると言われるほどだ。

 今年から、そのシーズンの得点王に贈られる「ゲルト・ミュラー賞」が新設され、2021/22シーズンにバイエルン・ミュンヘンと代表戦で57ゴール(56試合)を決めたバルセロナのポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキが初の受賞者になった。2023年の受賞者は誰になるのかわからないが、早くもハーランドの受賞を信じる声が挙がっている。

 ショーン・ライト=フィリップス氏は「レヴァンドフスキやキリアン・エムバペも意識しなければならないが、ハーランドはCLで22試合に出場し28ゴールを決めている。ハーランドと同じ年齢の時に彼らは、このような数字を残せていなかった。僕にとって普通の数字とは思えないし、コンスタントにバロンドールを獲得している2人(リオネル・メッシとクリスティアーノ・ロナウド)でさえ、こんなことは無かった」と語り、ハーランドの実力を評価。

 続けて「もし、ハーランドが今までのようにゴールを決め続けるのであれば、簡単に受賞できるだろう。彼が1試合あたりに出している数字は、常に試合数よりも得点数の方が多いんだ」と述べ、2023年にハーランドがゲルト・ミュラー賞を獲得すると確信している。

【了】

新着記事

↑top