レアル・マドリード最新ニュース


【写真:Getty Images】



リバプール、チェルシー、マンチェスター・ユナイテッドも狙う大器

 レアル・マドリードが、ボルシア・ドルトムントのMFジュード・ベリンガムの獲得に力を入れているようだ。英『デイリーメール』が伝えている。



【今シーズンのレアル・マドリードは「DAZN for docomo」で!
いつでもどこでも簡単視聴】


 19歳のベリンガムは、今季終了後のステップアップが噂されている。ドルトムントは契約延長を打診するつもりではいるものの、話し合いがまとまらない可能性が高いことは理解している様子だ。

 イングランド代表のベリンガムに対しては、リバプール、チェルシー、マンチェスター・ユナイテッドといったプレミアリーグのビッグクラブが積極的に動いている様子だが、レアル・マドリードも本気なようだ。

 レアル・マドリードは中盤の高齢化が続いている。そのため、オーレリアン・チュアメニ、エドゥアルド・カマヴィンガらを獲得して若返りを図っているところだ。それでも、複数の役割をこなせるベリンガムは魅力的なようで、争奪戦で引くつもりはないという。

 ベリンガムは契約解除金が設定されていないため、価格競争は熾烈なものになると予想されている。10代ですでに世界トップレベルと評価される大器は、どこが次の舞台になるだろうか。

【了】

新着記事

↑top