C・ロナウド、4つの新天地候補は? マンチェスター・ユナイテッド退団が正式決定

2022年11月23日(水)8時15分配信

photo Getty Images
タグ: , , , , , , , , , , ,

マンチェスター・ユナイテッド最新ニュース


【写真:Getty Images】



C・ロナウド、キャリア最後になるかもしれない次のクラブは…

 マンチェスター・ユナイテッドが22日、双方合意により37歳のポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドとの契約を解除したことを発表した。無所属のままカタールワールドカップを戦うことになったが、英紙『マンチェスター・イブニングニュース』が、次の移籍先候補を4つ挙げている。



【今シーズンのプレミアリーグはABEMAで!
14日間無料! いつでもどこでも簡単視聴】

 C・ロナウドは先日、イギリスの有名司会者であるジャーナリストのピアーズ・モーガン氏とのインタビューで、テン・ハグ現監督について「彼のことはリスペクトしていない。彼も僕のことをリスペクトしていないからね」と発言。公の場で不満を爆発させ、クラブ側はC・ロナウドのコメントを問題視していた。

 そして、ついに両者の関係が決裂し、双方合意の上で解除に至っている。次の新天地に関して、同紙は「この年齢を重ねたフォワードは、天文学的な賃金を望んでおり、ここ数ヶ月で衰えの兆候を見せたことから、期待するほど多くはないだろう」と伝え、移籍先候補を4つ挙げた。

 一つ目はプロキャリアをスタートさせたスポルティングCPで「C・ロナウドにとっても、少年時代を過ごしたクラブに戻るというのは最高のシナリオかもしれない」と報じている。二つ目はチェルシーで「代理人とチェルシーの新しいオーナーとの間で、夏に話し合いが行われたことがある」とした。

 三つ目はデビッド・ベッカム氏が共同オーナーを務めるインテル・マイアミ。四つ目はレアル・マドリードで、「カリム・ベンゼマの負傷に伴い、来年1月にストライカーのオプションを検討する必要がある」と伝えている。

【了】

新着記事

↑top