フットボールチャンネル

フォーカス 4週間前

コスパ最悪なのは? バルセロナ年俸ランキング1〜10位。活躍と金額が見合っていないのは?

シリーズ:年俸ランキング text by 編集部 photo by Getty Images

バルセロナ最新ニュース

サッカー選手を評価する指標はさまざま存在しており、そのうちの一つが「年俸」だ。トッププレイヤーたちが集まるスペイン屈指の名門クラブ、バルセロナで最も高額な給料を手にしているのは誰だろうか。今回はバルセロナの選手の年俸ランキング1~10位を紹介する。

※各選手の推定年俸は『Capology』を参照。なお、金額が並んだ場合の順位はサイトに準拠する。スタッツは5月2日時点の『transfermarkt』を参照。


10位:アンドレアス・クリステンセン(デンマーク代表)

アンドレアス・クリステンセン
【写真:Getty Images】

生年月日:1996年4月10日
推定年俸:900万ユーロ(約12.6億円)
今季リーグ戦成績:25試合1ゴール2アシスト

今シーズンのバルセロナはSPOTV NOWで配信中!
U-NEXTから加入で無料トライアル実施中![PR]

 バルセロナの壊滅的な財政状況は、経験豊富なデンマーク代表DFの去就にも大きな影響を及ぼしている。

 2022年夏にチェルシー(イングランド)からフリーで加入したアンドレアス・クリステンセンは、スペインの地でもその能力を如何なく発揮した。移籍初年度は怪我の影響もあってリーグ戦の出場は23試合に留まったが、今季はリーグ戦25試合に出場。そのうち先発出場は24試合と、シャビ・エルナンデス監督からの信頼は非常に高い。

 昨季から大きく変わったのは、今季のクリステンセンは中盤の位置からチームに貢献していることだ。本職センターバックの同選手が、MFオリオル・ロメウの代わりにピボーテ(中盤の底)として起用されている。このコンバートに対して、28歳のデンマーク代表は「私はディフェンダーだ。その役割は基本的にバランスを保ち、ライバルのカウンター攻撃を避けることを目的とした守備的なものなので、難しいことではない」(『barcauniversal.com』)と話しており、新しい役割への適応に大きな困難は無かったようだ。本来はロメウの安定感に欠けるパフォーマンスと中盤の負傷離脱者続出による「応急措置」だったが、いまやクリステンセンは中盤の重要な戦力としてカウントされている。

 優れたユーティリティー性を発揮し、バルセロナで充実した日々を過ごすクリステンセンだが、クラブの財政問題によって今夏クラブを去る可能性があるようだ。スペインメディア『FICHAJES』は4月25日の記事で、「選手は継続の意思を明らかにしているが、経済的必要性がすべてを変える可能性がある」と報じた。

 同メディアによれば、クリステンセンに対して複数のプレミアリーグのクラブが関心を示しており、6000万ユーロ(約84億円)ほどの売却額が期待できるという。クラブは同選手に年俸として900万ユーロ(約12.6億円)を支払っており、フリーで獲得した同選手を放出すれば多額の利益が見込める。今夏にクラブとクリステンセンが下す決断に注目だ。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

KANZENからのお知らせ

scroll top