フットボールチャンネル

フォーカス 2週間前

最悪の無駄遣い…。ACミラン歴代“不良債権”ワーストイレブン。大外れだったのは…?

シリーズ:不良債権ワーストイレブン text by 編集部 photo by Getty Images

ACミラン最新ニュース

ACミランはこれまで豊富な資金力で多くのスター選手を獲得してきた。しかし、期待を裏切った選手も少なくない。今回は、21世紀以降でACミランが獲得した選手で“不良債権”となった例をワーストイレブン形式で紹介する。※移籍金などのデータは『transfermarkt』を参照。


GK:ガブリエウ(元ブラジル代表)


【写真:Getty Images】

生年月日:1992年9月27日
在籍期間:2012年夏~18年夏
移籍金:115万ユーロ(約1.8億円)
クラブ通算成績:7試合10失点

今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
通常より1270円お得に観るならDMM×DAZNホーダイ[PR]


 ガブリエウはミランが期待したブラジル人GKだが、大成しなかった。

 クルゼイロの下部組織で育ったガブリエウは、2011年にU-20ブラジル代表としてワールドユース(現U-20ワールドカップ)で優勝。翌年夏にミランにやってきた。まずはユースチームの所属となったが、2012年8月には19歳でブラジルA代表デビューを済ませてスター街道をひた走り、2013/14シーズンにミランでトップデビューを果たしている。

 このときにセリエAで7試合に起用されて信頼をつかみかけたが、クリスティアン・アッビアーティからポジションを奪うことはできず、再びベンチ要員に。その後、カルピやナポリ、カリアリへのレンタルで経験を積みに出たものの、ミランで戦力にカウントされる日は訪れなかった。17/18シーズンはミランに戻ったが、第4GKの扱いとなり、シーズン途中からエンポリへレンタル。2018年夏にフリーでペルージャへ移籍した。

 2000年代にブラジル人GKジーダが活躍したミラン。ブラジル期待の若手を確保して将来は安泰かと思われたが、ガブリエウは各地にレンタルしただけになってしまった。

1 2 3 4 5 6

KANZENからのお知らせ

scroll top
error: Content is protected !!