編集部フォーカス

ドルトムントの胸スポンサーを務めるエボニック

あの胸スポンサーは何の企業? ドイツ・ブンデスリーガ編【編集部フォーカス】

フットボールクラブの大きな収入源となっている、ユニフォームの胸スポンサー。単純に多くの人の目に触れるという広告価値はもちろん、熱心なファンは、自身がサポートするクラブのユニフォームに名前が印字された会社の商品を積極的に購入するということもある。今回は、ドイツ・ブンデスリーガのなかから気になる胸スポンサー5社を紹介する。

20160315_halil_getty

ハリルJ、新戦力の台頭は? メンバー入りが期待される5選手【編集部フォーカス】

3月のFIFAワールドカップ・アジア2次予選(アフガニスタン戦、シリア戦)に臨む日本代表。メンバー固定の弊害も指摘されているが、新戦力の台頭はあるだろうか。今回は、2015年7月以降日本代表に招集されていない(合宿は除く)選手のなかから、メンバー入りが期待される5人の選手を紹介する。

埼玉スタジアム2002

イタリア人記者が選ぶ、日本のサッカースタジアムベスト20、20位~11位編【編集部フォーカス】

日本のサッカースタジアムに足繁く通うイタリア人記者のチェーザレ・ポレンギが、形状、ピッチとの距離、傾斜、屋根の有無、サポーターの盛り上がり、スタジアム周辺の環境、個人的な体験などを考慮して、日本のサッカースタジアムベスト20を選出。今回は20位~11位を発表する。(ホームスタジアム使用クラブ、入場可能人数は、JリーグHPに準ずる)

乾貴士の胸にも「AVIA」のロゴが光る

あの胸スポンサーは何の企業? スペイン・リーガエスパニョーラ編。自治体名を掲げるクラブも【編集部フォーカス】

フットボールクラブの大きな収入源となっている、ユニフォームの胸スポンサー。単純に多くの人の目に触れるという広告価値はもちろん、熱心なファンは、自身がサポートするクラブのユニフォームに名前が印字された会社の商品を積極的に購入するということもある。今回は、スペイン・リーガエスパニョーラのなかから気になる胸スポンサーを5つ紹介する。

レスターの胸スポンサーを務めるキングパワー

あの胸スポンサーは何の企業? イングランド・プレミアリーグ編【編集部フォーカス】

フットボールクラブの大きな収入源となっている、ユニフォームの胸スポンサー。単純に多くの人の目に触れるという広告価値はもちろん、熱心なファンは、自身がサポートするクラブのユニフォームに名前が印字された会社の商品を積極的に購入するということもある。今回は、イングランド・プレミアリーグのなかから気になる胸スポンサー5社を紹介する。

20160303_vangaal_getty

ラッシュフォードだけじゃない! 鬼才ファン・ハールが抜擢した5人の名手【編集部フォーカス】

マンチェスター・ユナイテッドに突如として現れた“超新星”、マーカス・ラッシュフォード。彼だけでなく数多くの若手選手を積極的に起用しているルイス・ファン・ハール監督だが、これまで監督キャリアのなかで、後に高い評価を受けることになる選手を実績のない時期から果敢に登用してきた。今回は、ファン・ハールが抜擢した5人の名選手を紹介する。

左からアンスチャッツ氏、アブラモビッチ氏、ベルルスコーニ氏、許家印氏、三木谷氏

サッカー関係者長者番付トップ10。原油安で苦戦するアブラモビッチ。神戸オーナーの三木谷氏は?【編集部フォーカス】

3月1日にフォーブズが世界長者番付を発表した。原油安によりチェルシーのアブラモビッチオーナーが損害を受けたという報道もあったが、オイルマネーはその存在感を弱めていくのだろうか。今回はフォーブズの世界長者番付からサッカー関係者を抽出し、上位10人を紹介する。(円換算は1ドル=110円で計算)

フィラデルフィア・ユニオンのシーズンチケット購入画面。最も高い座席は年間で4590ドル(約52万円)となっている

充実したネットサービス、専用スタジアムの増加。成長著しい米MLSについて知っておきたい10のトピック【編集部フォーカス】

“4大スポーツ”の国として知られているアメリカだが、近年MLSの伸長もあって、サッカー人気が高まっている。ジェラードやランパード、ピルロなど世界的名手がピッチ上で高水準のプレーを見せるいっぽうで、充実したインターネットサービス、専用スタジアムの増加など、オフザピッチによる吸引力も増すばかりだ。今回は、MLSについて知っておきたい10のトピックを紹介する。

ニューカッスルに移籍したアンドロス・タウンゼント

冬の高額移籍選手トップ10。中国クラブが“爆買い”で上位を独占【編集部フォーカス】

2月26日をもってクローズされた中国の移籍マーケット。今冬は中国のクラブが“爆買い”で市場を席巻することとなった。今回は、2015-16シーズン冬の移籍市場で移籍した選手のうち、移籍金が高額だった選手10人を紹介する。(移籍金は1ユーロ125円で計算)

シャキーラ

サッカー選手の美人パートナー11人。モデル、リポーターから世界的歌手も【編集部フォーカス】

フットボーラーのパートナーを示すのに「WAGs(Wives And Girlfriends)」という表現が用いられることがある。ブラジルW杯ではドイツ代表選手のパートナーが美人揃いであり、選手だけでなく彼女たちについての話題も盛り上がることとなった。今回はそんな「WAGs」のなかから11人を紹介する。

広州恒大に加入したジャクソン・マルティネス

2015-16冬の移籍市場、投資額上位10クラブ。中国クラブが“爆買い”でサッカーマーケットの中心に?【編集部フォーカス】

2月26日をもってクローズされた中国の移籍市場。今冬は中国が“爆買い”で存在感を示し、イングランド・プレミアリーグを投資額で凌駕するという衝撃もあったマーケットになった。今回は、2015-16シーズン冬の移籍市場で選手獲得に投じた費用が多かった10クラブを紹介する。

candidate_eyecatch

ブラッターの後継者は誰か。FIFA会長選に立候補している5人の候補者【編集部フォーカス】

現地時間2月26日、ブラッター会長の後任を決めるFIFA会長選が行われる。汚職問題に揺れる国際組織のリーダーには誰が選ばれるのだろうか。今回は、FIFA会長選に立候補している候補者5名を紹介する。

20160220_ACL_getty

Jリーグ勢は中国クラブの“爆買い”に対抗できるか。2016 ACL東地区プレビュー【編集部フォーカス】

2月23日より2016シーズンのACLグループステージがスタートする。中国勢が“爆買い”でスターをかき集めるなか、Jリーグ勢はどのように対抗していくのだろうか。Jクラブが参加するACL東地区をグループ別にプレビューする。

20160218_eyecatch_getty

2016J1在籍選手、通算得点トップ10。史上最多ゴール更新狙う佐藤、大久保のほか、あと2得点で通算100点の選手も

2015シーズン、佐藤寿人がJ1通算得点で中山雅史に並ぶ157ゴール目を決め、大久保嘉人も156得点で続いている。彼らはどこまで得点数を伸ばすのだろうか。また彼らに次ぐ選手の追い上げはあるだろうか。今回は、2016シーズンのJ1クラブに所属する選手に絞り、J1通算得点上位10人を列挙する。

20160217_blatter_getty

“汚職体質”はいつから? サッカー界の歴史を築いてきた歴代FIFA会長8人

昨年以来、長年にわたる“汚職体質”が非難されているFIFA。世界のサッカーを統括する組織がこのような状態にいたったのはいつからなのだろうか? 歴代会長の功績を振り返りながら、FIFAの歴史を振り返る。

新着記事

FChan TV

↑top