編集部フォーカス

20170912_captains_getty

これぞ「キャプテン」と呼ぶべき5人。スター選手もひれ伏す闘将たち【編集部フォーカス】

 優れた組織には、必ず優れたリーダーがいる。もちろんサッカー界も例外ではない。プライドの高いスター選手たちをまとめあげるには、監督だけでなくピッチ上にもリーダーが必要だ。圧倒的なカリスマとキャプテンシーを備え、ヨーロッパのトップレベルで活躍する闘将たちを紹介する。

2011年のアジアカップ・サウジアラビア戦でハットトリックを達成した岡崎慎司

日本対サウジ、直近5試合を振り返る。アジアカップ決勝を逃した一戦。昨年はホームで勝利【編集部フォーカス】

9月5日、2018年W杯アジア最終予選サウジアラビア戦に臨む日本代表。ワールドカップ・ベスト16に進出したこともある中東の雄とは、アジアの舞台で何度も激闘を繰り広げてきた。今回は、日本対サウジアラビアの直近5試合を振り返る。

2016年10月のオーストラリア戦で先制ゴールを奪った原口元気

日本対オーストラリア、直近5試合を振り返る。実は分がいい? 日本は負けなし継続中【編集部フォーカス】

ドイツW杯での悪夢の逆転負け、アジアカップ決勝など日本とオーストラリアは多くの白熱した試合を演じてきた。ブラジルW杯に向けたアジア最終予選と同様に、今回も同組に入ったアジアのサッカーをけん引する2か国。ロシアW杯出場を争う大一番を前に、両国が対戦した直近5試合を振り返る。

eyecatch_getty

【メンバー発表直前】ハリルに提言したい日本代表25選手をFチャン編集部が厳選!【編集部フォーカス】

ロシアW杯アジア最終予選のオーストラリア戦とサウジアラビア戦に挑む日本代表メンバーが8月24日に発表される。ヴァイッド・ハリルホジッチ監督は、W杯出場権獲得に向けた決戦にどんなメンバーを選ぶのか。フットボールチャンネル編集部がこれまでの予選の戦いぶりや、最近の活躍を元に招集すべき選手たちを選出した。なお、ハリルホジッチ監督はベンチ入りできる23人よりも多く招集する傾向があるため、今回は25人の選手をピックアップしている。

eyecatch_getty

ハリルJに推薦したい5人。期待の新戦力候補たち。2017年8・9月シリーズ編【編集部フォーカス】

2018年ロシア・ワールドカップアジア最終予選を戦っている日本代表。8月31日にオーストラリア、9月5日にサウジアラビアとの試合を迎える。この2試合に臨む日本代表メンバーは8月24日に発表されるが、新戦力の台頭はあるだろうか。今回は、直近の代表戦で招集されていない選手のなかから、日本代表に推薦したい5選手をピックアップする。

ヘタフェ

柴崎岳も続けるか!? ヘタフェから飛躍した名手10人【編集部フォーカス】

柴崎岳が加入したヘタフェは、これまで数々の名選手がステップアップのきっかけにしてきたクラブである。スペイン国内で高い評価を獲得した者、国外で成功を掴んだ者、数々の栄光を手にしてきた者…様々な選手たちが実はヘタフェ出身だった。柴崎は彼らに続き、さらに高いレベルに到達することはできるだろうか。(文:編集部)

小嶋真子

AKB48小嶋真子が多摩川クラシコを激写! 真夏の決戦をどのように見たのか?【編集部フォーカス】

ウェブ番組『FChan TV』とのコラボ企画。メインMCを務める小嶋真子が等々力陸上競技場で行われたJ1第20節、川崎フロンターレ対FC東京を取材。フォトグラファーを務めた小嶋がファインダーから見た景色とは?(試合取材:小嶋真子/取材・構成:浜川絵理)

ネイマール

ネイマールの移籍金290億円でできること。大量補強からエッフェル塔建設まで!?【編集部フォーカス】

フランス1部のパリ・サンジェルマン(PSG)は3日、バルセロナからブラジル代表FWネイマールを獲得した。費やした移籍金は2億2000万ユーロ(約290億円)とされている。サッカー市場最高額の取引で動いたお金があればできることを世界中から集めてみた。

カッサーノ

“お騒がせ”カッサーノ劇場。引退? やっぱり撤回!? 気まぐれ35歳、ひと夏の葛藤【編集部フォーカス】

引退するのか、しないのか。アントニオ・カッサーノの一挙手一投足に注目が集まっている。エラス・ヴェローナと1年契約を締結してからというもの、短期間で現役引退を宣言しては撤回を繰り返し、再び半リタイア生活に戻った。35歳の“天才”はどこへ向かおうとしているのか。これまでの動きを時系列でまとめてみた。

20170728_eyecatch_getty

サマーブレイク明け、J1で本領発揮期待の10人。新加入の大物外国人ら確かな実力者たち【編集部フォーカス】

7月22日にセレッソ大阪-浦和レッズの一戦が前倒しで行われたが、Jリーグは今週末から本格的にサマーブレイクを終えリーグ戦再開となる。夏の移籍市場で新天地に加わった選手もいれば、負傷から復帰した選手、不本意なパフォーマンスから巻き返しを期す選手など、注目すべき選手は数多くいる。今回は、サマーブレイク後のJ1で活躍が期待される10選手をフットボールチャンネル編集部がピックアップした。

20170727_100caps_getty

国際Aマッチ出場試合数ランキング、現役選手トップ10 レジェンド級勢ぞろい!【編集部フォーカス】

サッカー界において、国の代表選手になることは非常に名誉であると同時に、困難が伴う。そのうえ長期間、複数の監督から代表に選ばれ続けることはさらに難しい。ゆえに国際Aマッチに100試合以上出場した選手は多くない。今回はW杯出場経験のある国から、現役選手の国際Aマッチ出場試合数トップ10を紹介する(キャップ数は選手情報サイト『transfermarkt』調べ)。

福西崇史

福西崇史氏が選出!日本サッカー界のレジェンド達が勢揃い。歴代日本代表ベストイレブン【編集部フォーカス】

ウェブ番組『F.Chan TV』とのコラボ企画。日本代表を特集した同番組内で、ゲスト出演した福西崇史氏が歴代の日本代表選手からベストイレブンを選出。熟慮の末に選ばれた11人について、福西氏本人がタレントのJOYと小嶋真子を前にその選考理由を語った。

20170707_eyecatch

英国人が選ぶJ1で見たいJ2在籍選手。U20W杯戦士や強力外国人FWなど10人の実力者たち【編集部フォーカス】

J2でのプレーを経て、J1の舞台で輝く選手は決して珍しくない。なかには日本代表に選出されたり、海外クラブへステップアップを遂げる選手たちもいる。彼らに続くのは誰だろうか。英国人ジャーナリストのショーン・キャロル氏が、J1で見てみたいJ2所属選手10人をピックアップした。(選定:ショーン・キャロル/構成:中山佑輔)

Simeone

『信念』の男、シメオネを知るための10章。選手を戦士に。溢れんばかりのエネルギー【編集部フォーカス】

ウェブ番組『F.Chan TV』とのコラボ企画。第53・54回は、実況アナウンサーの倉敷保雄氏、解説者の玉乃淳氏をゲストに迎えて、6月20日にカンゼンから発売されたディエゴ・シメオネ監督の自叙伝『信念〜己に勝ち続けるという挑戦〜』の発売を記念し、同監督について特集した。今回は、『信念』にも記されているシメオネ監督の印象的なエピソード・フレーズの数々を、ゲストの二人とMCの小嶋真子のコメントを交えて紹介する。

20170706_eyecatch_getty

2017年前半戦J1ベストイレブン。Fチャン編集部が選定、Jリーグを代表する11人【編集部フォーカス】

7月5日、ACL出場クラブの未消化試合が開催され、2017明治安田生命J1リーグは前半戦の全日程を終了した。今季はどのような選手たちの働きが目立っただろうか。今回は、フットボールチャンネル編集部が選んだ、2017シーズンJ1前半戦のベストイレブンを発表する。

新着記事

人気記事ランキング

        FChan TV

        ↑top

        プッシュ通知で最新情報をお届けします

        通知許可ポップが表示されたら
        許可ボタンを押してください

        • 後で
        • 最新情報を受け取る