批評67

Jリーグ開幕:新監督は軒並み苦戦のJ1開幕戦。徳島も5失点と厳しいスタートに

お金がなくても愛される松本山雅FC。徹底して地域密着にこだわる地方クラブのあり方

松本山雅FCは決して裕福なクラブではない。しかし、地域密着に成功しホームスタジアムのゴール裏には毎試合多くの地元ファンが駆けつける。3月10日発売、最新号の『サッカー批評issue67』(双葉社)では、身の丈経営を続ける松本山雅FCの加藤善之GMにクラブのビジョンを語ってもらった。一部を抜粋して掲載する。

アビスパ福岡、再建への道。経営危機に直面したクラブを救った地元企業「ふくや」

アビスパ福岡、再建への道。経営危機に直面したクラブを救った地元企業「ふくや」

昨年末、選手・スタッフへの給与遅配が起きるなど、アビスパ福岡は深刻な経営危機に陥った。3月10日発売、最新号の『サッカー批評issue67』(双葉社)では、アビスパの危機を救った地元企業のひとつ、辛子明太子の老舗、株式会社ふくやと、経営再建を目指して新たにアビスパ福岡の社長に就任した野見山篤氏などを取材した。一部を抜粋して掲載する。

V・ファーレン長崎 貧乏クラブ奇跡の躍進。ローリスク・ローリターンの補強と独自のサッカースタイル

V・ファーレン長崎 貧乏クラブ奇跡の躍進。ローリスク・ローリターンの補強と独自のサッカースタイル

V・ファーレン長崎はお金を「持たざるクラブ」である。しかし、運動量を前面に押し出した独自のサッカースタイルで、昨シーズンはJ1昇格プレーオフ進出を果たした。3月10日発売、最新号の『サッカー批評issue67』(双葉社)では、長崎の高木琢也監督、服部順一GMへインタビューを敢行し、長崎スタイルが生まれた経緯を語ってもらった。一部を抜粋して掲載する。

実は本田圭佑が影響。セレッソ社長が明かす、カカーではなくフォルランを獲得した理由

実は本田圭佑が影響。セレッソ社長が明かす、カカーではなくフォルランを獲得した理由

最新号の『サッカー批評issue67』(双葉社、3月10日発売)では、フォルランの獲得や柿谷曜一朗、山口蛍など若いタレントの育成で注目を集めるセレッソ大阪の社長にインタビューしている。そこで語られたスター獲得の真実とは?

新着記事

↑top