石崎信弘

石崎信弘

J最多指導歴の監督はなぜ地域リーグへ? 石﨑信弘の“熱くて面白い”選択

昨季までモンテディオ山形の監督を務めていた石﨑信弘。新天地はJクラブではなく、テゲバジャーロ宮崎という九州リーグのクラブだった。Jで最多指導歴を持つ監督はなぜ地域リーグを選択したのか。監督就任発表直後に本人に話を聞いた。(取材・文:ミカミカンタ)

モンテディオ山形

山形、主力を残しつつ世代交代にも着手。堅守を武器に粘り強く戦えるか【2016補強診断】

フットボールチャンネルでは、Jリーグ開幕に向けて、Jクラブの補強動向を診断していく。今季の目標に向けて、効果的な補強を行うことができたクラブはどこなのか。今回は昨季J1最下位のモンテディオ山形を占う。

山形、劇的昇格で挑んだJ1も、地力およばず1年でJ2へ逆戻り。この経験を将来に活かせるか【2015年通信簿】

山形、劇的昇格で挑んだJ1も、地力およばず1年でJ2へ逆戻り。この経験を将来に活かせるか【2015年通信簿】

2ステージ制が復活した2015年のJ1も全ての試合を終えた。この1年を振り返り、各Jクラブはどのようなシーズンだったのだろうか。今回は年間最下位に終わったモンテディオ山形を振り返る。

山形、1年でJ2降格も…石崎監督の続投に見える「責任」の取り方。地方クラブに植えつけた我慢の精神

山形、1年でJ2降格も…石崎監督の続投に見える「責任」の取り方。地方クラブに植えつけた我慢の精神

4シーズンぶりに挑んだJ1で粘り強い戦いを演じながら、2試合を残してJ2への降格が決まったモンテディオ山形。大分トリニータ、徳島ヴォルティスに続いてJ1昇格プレーオフ覇者が1年で逆戻りする結果となったが、モンテディオは降格が決まる前に石崎信弘監督の続投を発表している。モンテディオを生まれ変わらせた「昇格請負人」の手腕を振り返ると、クラブが未来を託す理由が見えてくる。

石﨑信弘イズム―矜持をたずさえ歩む道―

石﨑信弘イズム―矜持をたずさえ歩む道―

こだわるのが自分のスタイル。石﨑信弘イズムが浸透している。ひたむきに勝負する、指揮官の信念とは何か。山形に持ち込んだ哲学に迫っていく。

フットボールサミット第21回

フットボールサミット第21回

遠藤保仁、W杯を語る。日本サッカーが手にした知性

20140407_yamagata

モンテディオ山形が珍アナウンス。監督の初孫をクラブをあげてお祝い

4月4日、モンテディオ山形から見慣れないリリースが発表されてサッカーファンの間で話題になった。

モンテディオ山形、2014補強診断。石崎新監督の哲学が浸透すれば、十分昇格を狙える陣容に

モンテディオ山形、2014補強診断。石崎新監督の哲学が浸透すれば、十分昇格を狙える陣容に

フットボールチャンネルでは開幕に向けて、J2各クラブの補強動向を診断していく。今季の目標に向けて、効果的な補強を行うことができたクラブはどこなのか。今回は、石崎信弘新監督を迎えたモンテディオ山形を占う。

新着記事

↑top