社会問題

スコット・マッキンタイア

子どもを訪ねて有罪に…在日豪州人サッカー記者が逮捕。問われるべき日本の重大な人権問題

日本を拠点に活動するオーストラリア人のフットボールジャーナリスト、スコット・マッキンタイア氏のことを知る者は少ないだろう。彼は自分の子どもに会おうとした行動を咎められ逮捕されたうえ、45日間の勾留の末、先ごろ裁判で有罪判決を下された。なぜそのような事態に至ったのだろうか。キーワードは「片親誘拐」。スポーツ界にとどまらず、スコットが身を以て問いかけるのは日本社会が黙認、そして放置してきた重大な人権問題だ。(取材・文:植松久隆【オーストラリア】)

アルバニア国旗

母国EURO初出場の裏で――。国から逃げ、身寄りもなく、それでもサッカーを続けるアルバニアの難民少年

代表戦は国を背負って戦う。それはEUROとて同じこと。アルバニア代表はEUROに初出場したが、やむを得ない事情により国を離れた国民も多くいる。それでも、彼らはサッカーへの思い、代表への思いを強く持ち続けている。(取材・文:宮崎隆司【フィレンツェ】)

新着記事

↑top