母国EURO初出場の裏で――。国から逃げ、身寄りもなく、それでもサッカーを続けるアルバニアの難民少年

代表戦は国を背負って戦う。それはEUROとて同じこと。アルバニア代表はEUROに初出場したが、やむを得ない事情により国を離れた国民も多くいる。それでも、彼らはサッカーへの思い、代表への思いを強く持ち続けている。(取材・文:宮崎隆司【フィレンツェ】)

2016年07月05日(Tue)15時32分配信

text by 宮崎隆司 photo Takashi Miyazaki , Getty Images
Tags: , , , , , , ,

滞在許可証のないアルバニアの少年

アルバニア難民 写真:宮崎隆司
上半身裸でグラウンドにいるのがアルバニアの少年たち。ボールを持っているのがアルバンくん【写真:Takashi Miyazaki】

 先の6月13日、史上最弱とまで言われていたイタリア代表がEUROで優勝候補の一角と目される強豪ベルギーにまさかの勝利を収めると、その興奮冷めやらぬ翌朝なのでみんなボールを無性に蹴りたかったんだろう。

 いつも息子が友達と遊んでいる自宅(イタリア・フィレンツェ)近くのダゼーリオという名の広場へ散歩に行くと、やはり想像した通り、普段より遥かに多い数のイタリアの子供達がいて、アルバニアやルーマニアの少年たちもたくさん集っていた。

 そして、この14日の広場に来ていたアルバニア人は皆が15、16歳。しかしこの国へ来たばかりでまだイタリア語がほとんどできないため、もちろん込み入った話はできなかったのだが、私の下手くそな英語と少しばかりの彼のイタリア語で言葉を交わしたのは、アルバニア出身の1人の少年(15歳)、名はアルバンくんという。

 この子は3歳の時に父親(当時32歳)を交通事故で亡くした。貧しい暮らしの中で母親とも生き別れになり、その日の広場に来ていた同い年の仲間たちと一緒に、つまり少年たちだけで、つい最近、イタリアへ入国したという。ただ、身寄りもないため滞在許可証はなかなか取れず、極めて苦しい生活を強いられている。

 そんな日常の中で、きっと異国での様々な難しい事柄や辛く悲しい母国での思い出を束の間でも忘れるためなのだろう、彼らはほぼ毎日のようにこのダゼーリオという名の広場へ、午前中に来てはボールを蹴っているのだという。

 なぜ午前中だけなのか。どうして午後には来ることができないのか。その理由は定かではない。尋ねてみようかとも思ったが、そこは赤の他人が立ち入ってはならぬ部分であることは明らかなので、想像するに留めておくことにした。あくまで一般論だが、いわゆる「不法滞在者」たちがいかにして生き延びているのか、その実態を少なからず知っているからだ。

 そうしている間も、子供達のサッカーは続いている。

1 2 3 4

新着記事

FChan TV

↑top