移籍

エデン・アザール

【サッカー移籍情報】決定&噂まで…移籍市場を賑わすビッグネーム一覧。新天地候補一挙紹介!

移籍が決定&噂されるビッグネーム一覧は下記の通り(移籍金は『transfermarkt』を参照)。

プレミアリーグ

移籍市場の裏で暗躍する代理人ビジネスの実態。サッカー界を支配する「カネ」と「コネ」

今冬の移籍市場ではプレミアリーグ勢の積極的な投資が目立った。しかし、その裏で糸を引いていたのは敏腕代理人たちと言ってもいいだろう。近年、その存在感を増すサッカー界の“裏の支配者たち”の実態とは。現在の移籍市場の仕組みが露呈する大きな問題点も見えてきた。(取材・文:松澤浩三【イングランド】)

移籍

ポドルスキに続く大物来日あるか!? 今夏Jクラブも0円で獲得可能な名手たち【編集部フォーカス】

ヨーロッパの長いシーズンが終わり、移籍市場の季節がやってきた。ある意味では試合以上に注目を集めるオフシーズン。この夏に所属クラブとの契約満了を迎える名選手は数多く、彼らは移籍金ゼロで獲得することができる。もちろんJリーグのクラブにとってもスター選手を獲得するチャンスだ。元ドイツ代表でW杯優勝経験を持つルーカス・ポドルスキのヴィッセル神戸加入が話題を呼ぶ中、さらなるビッグネームの来日はあるのか。今回は移籍金なしで獲得可能な10人の選手たちを紹介する。

二川孝広

功労者・二川孝広の突然の移籍。困惑するファン、葛藤したG大阪、そして決断した背番号10

6月末、G大阪のレジェントである二川孝広の東京ヴェルディへの移籍が発表された。出場機会は減っていたものの、功労者である二川の移籍はファンに大きな衝撃を与えた。アカデミー出身で、天才的なパスセンスでファンを魅了してきた背番号10は突如クラブを去った背景には何があるのか?(取材・文:下薗昌記)

ネイマール

ネイマールがタトゥーを入れる意味。ブラジルの至宝が両足に刻んだ信念“大胆さと喜び”【フットボールと言葉】

異なる言語間では、翻訳困難な語は無数にある。それはフットボール界においてもしかり。外国のフットボーラーが語った内容を、我々はしっかりと理解できているのだろうか。選手、監督の発した言葉を紐解き、その本質を探っていきたい。最初に取り上げるのはネイマール。彼がバルセロナ移籍時、両足に入れたタトゥーの言葉から、“セレソン”のエースのプレー哲学に迫る。(文:竹澤哲)

FIFAは4クラブに罰金処分を科した

サントスFC、セビージャら4クラブが制裁対象に。FIFAが排除を進める、投資ファンドの影響力

3月29日、規約違反によりブラジルのサントス、スペインのセビージャなど4クラブがFIFAから罰金を科されることになった。問題となったのは、選手の契約などに関して第三者の介入を禁止する条項の違反であるが、これは一体どのようなものなのだろうか。(文:中山佑輔)

ニューカッスルに移籍したアンドロス・タウンゼント

冬の高額移籍選手トップ10。中国クラブが“爆買い”で上位を独占【編集部フォーカス】

2月26日をもってクローズされた中国の移籍マーケット。今冬は中国のクラブが“爆買い”で市場を席巻することとなった。今回は、2015-16シーズン冬の移籍市場で移籍した選手のうち、移籍金が高額だった選手10人を紹介する。(移籍金は1ユーロ125円で計算)

広州恒大に加入したジャクソン・マルティネス

2015-16冬の移籍市場、投資額上位10クラブ。中国クラブが“爆買い”でサッカーマーケットの中心に?【編集部フォーカス】

2月26日をもってクローズされた中国の移籍市場。今冬は中国が“爆買い”で存在感を示し、イングランド・プレミアリーグを投資額で凌駕するという衝撃もあったマーケットになった。今回は、2015-16シーズン冬の移籍市場で選手獲得に投じた費用が多かった10クラブを紹介する。

日本協会、日韓W杯汚職疑惑は事実か? 信ぴょう性高いスペイン紙報道。限りなく濃いFIFAの闇

リークによる“情報公開”がサッカー界にもたらす混沌。“暴露サイト”と流出元が語る問題の本質

昨今サッカー界を賑わせている暴露サイト「フットボール・リークス」。この無機質なインターネットサイトの運営者は、なぜ本来表に出ることのない情報を公開し続けるのだろうか。そしてこの“情報公開”はサッカー界に何をもたらすのだろうか。「フットボール・リークス」と主な情報流出元である「ドイエン・スポーツ社」を取材し、問題の本質を探った。(取材協力:ダン・オロウィッツ)

新着記事

↑top