荒木英喜

1968年年生まれ。熊本県出身。1998年のフランスW杯を観たさに、前年に務めていた会社を辞め、福岡県にてフリーライターとして活動を始める。04年からアビスパ福岡、それに加えて07年からはサガン鳥栖も取材している。サッカーに限らず、ラグビーなど他のスポーツや音楽系の取材・執筆も行っている。

20130517_tos_mkt

昨季の躍進はどこへ? 豊田・水沼らが語るサガン鳥栖が低迷した要因と復活のカギ

第11節を終えて2勝4分5敗で勝ち点11の15位。初のJ1を戦っていた昨季のような勢いが今季の鳥栖にはない。堅守速攻が売りだったはずの鳥栖だが、現在はリーグワーストの24失点を喫している。単に2年目のジンクスでは済まされない状況だ。今季の鳥栖に何が起きているのかを探った。

得点ランクトップを走る豊田陽平。彼が得点を量産できる要因に迫る

J1の得点ランクトップを走る豊田陽平。得点を積み重ねられる理由と未来像

第4節の磐田戦でハットトリックを達成して得点ランキングのトップに立った鳥栖のFW豊田陽平。鳥栖に加入した2010年に13得点、2年目には23得点を挙げてJ2得点王に輝くと同時にクラブを初のJ1へと押し上げた。さらに自身3年ぶりとなった昨シーズンは、得点ランキング2位となる19得点を挙げてベストイレブンに輝いた。彼はなぜコンスタントにゴールを積み重ねられるのか。

サガン鳥栖・尹晶煥監督インタビュー ~根性という名の知性~

サガン鳥栖・尹晶煥監督インタビュー ~根性という名の知性~

『サガン鳥栖で体現する“90分ハードワーク”の哲学』
日韓でプロ選手として活躍し、両国のサッカーDNAを持つ尹晶煥。日本と韓国での経験は彼のサッカー指導哲学にどのような影響を与えているのか。監督に話を聞き、ハードワークで奮闘を続けるサガン鳥栖躍進の源流を探る。

新着記事

↑top