ひぐらしひなつ

サッカーメインのフリーライター。大分トリニータの番記者としてオフィシャル誌「Winning Goal」や大分発サブカル誌「CONKA」の記事を担当するほか「Jマガ」などにコラムを掲載。他にJリーグ、JFL、Qリーグ、育成年代まで幅広くサッカーとその周辺を取材している。近著に「大分から世界へ 大分トリニータ・ユースの挑戦」(出版芸術社)がある。

190509_3_oita

J2上位ランカーはJ1で通用する。トリニータを支える、その哲学とは?【大分トリニータ V字回復の軌跡(後編)】

今季、6年ぶりにJ1に復帰した大分トリニータが躍進している。J1在籍経験がありながら初めてJ3に降格したクラブとなった衝撃から4年。そこから今日に至るまでの大分の歩みはさながらジェットコースターのようだ。チームが復活を遂げる過程をつぶさに取材してきた大分番記者ひぐらしひなつ氏が、キーマンと言える片野坂知宏監督と西山哲平強化部長の話を軸にV字回復の背景をレポートした5/7発売の「フットボール批評issue24」から一部を抜粋して公開する。今回は後編。(文:ひぐらしひなつ)

190509_2_oita

トリニータはなぜ、J1でも勝てるのか? 強化部長が語る強さの理由【大分トリニータ V字回復の軌跡(前編)】

今季、6年ぶりにJ1に復帰した大分トリニータが躍進している。J1在籍経験がありながら初めてJ3に降格したクラブとなった衝撃から4年。そこから今日に至るまでの大分の歩みはさながらジェットコースターのようだ。チームが復活を遂げる過程をつぶさに取材してきた大分番記者ひぐらしひなつ氏が、キーマンと言える片野坂知宏監督と西山哲平強化部長の話を軸にV字回復の背景をレポートした5/7発売の「フットボール批評issue24」から一部を抜粋して公開する。今回は前編。(文:ひぐらしひなつ)

頑固なまでにクソ真面目。「サッカー馬鹿一代」大分指揮官・田坂和昭の美学

頑固なまでにクソ真面目。「サッカー馬鹿一代」大分指揮官・田坂和昭の美学

2014年のJ2リーグは全体の4分の3余りを消化。いよいよラストスパートが問われる季節になってきた。「最初からスパート」状態だった湘南が早くも昇格を決める一方で、2位以下は予断を許さない状況が続いており、下位の攻防も熾烈だ。そこで「J論」では、J2の幾つかのクラブにフォーカス。そのラストスパートを展望するために打った術策に注目する。今回は6位・大分の名物番記者・ひぐらしひなつ氏に、ジェットコースターのような九州の雄の「2014」を語ってもらった。

財政危機の大分はクラブを存続させることができるのか。青野社長が語る再生への道

財政危機の大分はクラブを存続させることができるのか。青野社長が語る再生への道

大分トリニータのJ2降格が決まった。同時に話題にのぼったのが財政危機だ。債務超過を解消できなければ「クラブ消滅」という最悪の事態にもなりかねない。青野社長はどのような再生への青写真を描いているのか。

日韓16チームによる相互錬磨を通じ、大学サッカーのレベルアップを図る

日韓16チームによる相互錬磨を通じ、大学サッカーのレベルアップを図る

3月11日から5日間にわたって開催される、国内屈指の大学サッカーイベント「第5回大学サッカーフェスティバル in 霧島」。大会実行委員長である籾井徹司氏(九州国際大サッカー部ヘッドコーチ)に、大会の概要や目的を聞いた。

2013シーズンのJリーグを占う。各クラブの戦力補強診断~大分トリニータ編~

2013シーズンのJリーグを占う。各クラブの戦力補強診断 ~大分トリニータ編~

フットボールチャンネルでは、1月下旬から2月上旬にかけて、Jクラブの補強動向を診断していく。今季の目標に向けて、効果的な補強を行うことができたクラブはどこなのか。今回は、昨シーズンプレーオフを制してJ1昇格を決めた大分トリニータを、ひぐらしひなつ氏に占ってもらう。

新着記事

FChan TV

↑top