マンU伝説の“トレブル=3冠”が映画化。なんと当時のスター選手が本人役で出演!

マンチェスター・ユナイテッドで1999年に伝説の「トレブル=3冠」を達成するなどした同クラブの黄金世代「Class of‘92=(アカデミー)92年生」にまつわるドキュメンタリー映画が12月1日に英国の首都ロンドンでプレミア上映(一般公開は2日から)される。

2013年11月14日(木)8時00分配信

text by 藤井重隆 By Shigetaka Fujii
タグ: , , , , , , , , , , , , ,

参照元:YouTube

 マンチェスター・ユナイテッドで1999年に伝説の「トレブル=3冠」を達成するなどした同クラブの黄金世代「Class of‘92=(アカデミー)92年生」にまつわるドキュメンタリー映画が12月1日に英国の首都ロンドンでプレミア上映(一般公開は2日から)される。

 同映画に登場する92年生とは、ライアン・ギグス、デビッド・ベッカム、ポール・スコールズ、ニッキー・バット、ガリー/フィル・ネビル兄弟の6人のことで、92年から99年までの彼らの活躍が描写され、クラブOBのエリック・カントナや元フランス代表MFジネディーヌ・ジダンをはじめ、元英首相トニー・ブレア氏や映画監督ダニー・ボイル氏など、各界著名人が6人について語っている。

 唯一マンUで現役を続けている39歳のギグスは映画について次のように述べた。

「僕らがこの映画のオファーを受けた時、自分のキャリアだけでなく、一時代を共に過ごした同僚みんなの事を思い返すことができた。僕らは今でも親友だし、親友たちとの物語を描く映画を断る理由などなかった」

 また、昨季限りで現役を引退した元イングランド代表主将のデビッド・ベッカムも、

「彼らとの時間は現役生活で最も特別だったし、育ちは違えど、出会ってからは家族のように過ごし、みんなが成功を目指していた。最終的に僕らが達成したものは、夢をはるかに超越したものだった」と話した。

 6人は「ファーギーズ・フレッジリングズ=ファーガソンの雛鳥たち」と称されるが、生みの親であるマンU前監督のアレックス・ファーガソン氏は出演を辞退。だが逆にその影響もあってか、6人の「素の姿」が見られるため、マンUファンには鳥肌モノの仕上がりとなっている。

 2分間の映画予告編はYoutubeで視聴可能。

【了】

関連リンク

ギグス&ネビルはカフェ、ベッカムはレストランを開店
マンチェスター・ユナイテッドクロニクル

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでつぶやく

人気記事ランキング

        ↑top