マズいイギリス料理の救世主か? ベッカムがレストランを開店

 マンチェスター・ユナイテッドで選手兼コーチを務めるMFライアン・ギグス(39)と同クラブ元主将で現イングランド代表コーチのガリー・ネビル(38)が今年12月、昨年行われたロンドン五輪のメーン会場に隣接する欧州最大級のショッピングセンター「ウェストフィールド」に「カフェ・フットボール」を開業することが明らかとなった。

2013年11月11日(Mon)12時00分配信

text by 藤井重隆 By Shigetaka Fujii photo Ryota Harada
Tags: , ,

マズいイギリス料理の救世主か? ベッカムがレストランを開店
元イングランド代表主将のデビッド・ベッカムもレストランを開店【写真:原田亮太】

 マンチェスター・ユナイテッドで選手兼コーチを務めるMFライアン・ギグス(39)と同クラブ元主将で現イングランド代表コーチのガリー・ネビル(38)が今年12月、昨年行われたロンドン五輪のメーン会場に隣接する欧州最大級のショッピングセンター「ウェストフィールド」に「カフェ・フットボール」を開業することが明らかとなった。地元紙イブニング・スタンダード紙が報じた。

 140席の大型カフェはサッカーに関連した内装や飲食物となっており、メニューはミシェラン2つ星シェフ、マイケル・ウィグノール氏が担当。スタジアムの売店で目にするバーガーやパイなどが一流シェフの手によって提供される。

 ギグスが「サッカーファンに親しまれる楽しいカフェにしたい」と語ると、ネビルは「サッカーの情熱を注ぎ込み、カフェを成功させたい」と意気込んだ。また、両氏はカフェについて「着想の源はサッカーであり、サッカー文化を提供する」と説明している。

 一方、元イングランド代表主将のデビッド・ベッカム(38)も今年、英一流シェフ、ゴードン・ラムジー氏と共同でロンドン市内に「ユニオン・ストリート・カフェ」をオープンし、話題を集めた。ベッカムはACミラン在籍時(2009、10年)に半年間、趣味が高じて料理学校に通ったエピソードも明かしており、得意料理はミラネーゼ・リゾットだという。

 古くから英国料理は 俗に「マズい」ことで有名だが、こうしたサッカー選手の活動が食文化やイメージの改善に大きく貢献するかもしれない。

【了】

関連リンク

ベッカム引退劇に潜む“金銭問題”――。それでも称えるべきサッカー選手としての素顔

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでつぶやく

新着記事

↑top