スアレスのリヴァプール時代の「股抜き」動画が凄い

英紙メトロ電子版が15日、今夏の移籍市場でプレミアリーグのリヴァプールからラ・リーガのバルセロナへ電撃移籍したウルグアイ代表FWルイス・スアレスの「ナツメグ=股抜き」を特集した動画を紹介した。

2014年09月17日(Wed)7時15分配信

text by 藤井重隆 By Shigetaka Fujii
Tags: , , , , ,

 英紙メトロ電子版が15日、今夏の移籍市場でプレミアリーグのリヴァプールからラ・リーガのバルセロナへ電撃移籍したウルグアイ代表FWルイス・スアレスの「ナツメグ=股抜き」を特集した動画を紹介した。

 2011年1月から3年半にわたってリヴァプールに在籍したスアレスは、通算133試合に出場し、82ゴールを記録。昨季はプレミアリーグで得点王となった事からイングランドの個人賞を総なめにし、ラ・リーガのレアルマドリーに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドと共に欧州ゴールデンブーツも獲得した。

 しかし、今夏のブラジル・ワールドカップのグループステージ、イタリア戦で相手DFジョルジョ・キエッリーニに噛みついたことでFIFA(国際サッカー連盟)から4か月の出場停止処分に。これを受けてリヴァプールはバルセロナへの売却を決断した。

 この動画で、スアレスは全部で67回もの股抜きを成功させており、最後の4回は股抜きからのゴールと股抜きでのゴールで締めくくられている。なお、7番目(12秒)にはマンチェスター・ユナイテッド在籍時の日本代表MF香川真司も股抜きされている。

【了】

関連リンク

FCバルセロナはまだ進化するか?
バルセロナの哲学はフットボールの真理である
バルサ選手のジュニア時代 家族の愛に支えられ夢を叶えた者たち
FCバルセロナの人材獲得術と育成メソッドのすべて
サッカー バルセロナ戦術アナライズ 最強チームのセオリーを読み解く

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでつぶやく

Comments

comments

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top