バルサDFアドリアーノ、契約延長は来年3月まで持ち越しへ

2015年10月07日(Wed)14時37分配信

photo Getty Images
Tags: , , ,

バルサDFアドリアーノ、契約延長は来年3月まで持ち越しへ
バルセロナのDFアドリアーノ【写真:Getty Images】

 バルセロナのDFアドリアーノは、現在クラブと契約延長について交渉中だが、来年3月までは答えを出すのを待つようだ。6日付け『ムンド・デポルティーボ』が報じた。

 同紙によると、2013年に契約更新にサインしたアドリアーノとバルサは2017年6月まで契約を残しているが、最後の2016/2017シーズンはオプションである。

 当初の移籍金は9000万ユーロ(約122億円)に設定されており、市場価格では下がるにしてもアドリアーノが望めば2016年の夏の移籍マーケットで、フリーで移籍出来ることになっている。返答の期限は来年3月15日までとされ、それまでに自身の未来を決めることになる。

 アドリアーノにはローマから2018年6月まで年棒アップのオファーがあるが、今夏では移籍せずに残留を選択している。バルサ側はすでに契約延長のオファーを提示したようだが、年棒がネックとなり交渉はこう着状態となっている。

 アドリアーノの決断を迷わせているのは、バルサのこの夏の補強にあるのかもしれない。昨季のチャンピオンズリーグ(CL)決勝戦後に「ミランへ行く」と発言したブラジル代表DFダニエウ・アウベスはバルサが年俸アップを提示したため最終的には残留。

 それに加えて、バルサはスペイン代表MFアレイクス・ビダルを獲得している。右サイドバックとウイングもこなせるA・ビダルは、バルサに下された補強禁止処分の影響でシーズン前半戦は公式戦に出場できないが、来年1月から出場可能となる。

 左サイドバックにはジョルディ・アルバが完全に定位置を確保しており、けが人が続出する右サイドバックには本職は中盤のセルジ・ロベルトが起用されるなど、左右のサイドバックをこなせるアドリアーノになかなか出番が回ってきていない。今季は公式戦で3試合の出場に留まっている。

【了】

Comments

comments

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top