ガーナの名門クラブに日本人指揮官が就任。異国の地で監督続けアフリカへ

2015年10月29日(Thu)13時11分配信

photo Getty Images
Tags:

ガーナの名門クラブに日本人監督が就任。過去にはキルギスタンで指導経験も
ハーツ・オブ・オークの監督に就任した八橋健一氏(写真:ガーナ局『オールスポーツ』より)

 ガーナ1部のハーツ・オブ・オークが、新監督として日本人の八橋健一氏を招聘した。28日にガーナ局『オールスポーツ』が報じている。

 同局によると、八橋氏はオークと2年契約を結んだとのこと。ガーナでは名門クラブとして知られ、リーグ優勝を20回果たしている。2000年にアフリカチャンピオンズリーグを制し、2004年にはCAFコンフェデレーションカップでも優勝していた。

 八橋氏は以前、カザフスタンや中国、キルギスタンで監督として活動していた。USSFA級ライセンスを保持しており、アメリカサッカー協会指導者養成コースでインストラクターなどを務めた経験もある。

 海外で日本人監督が誕生することは多く、“世界最弱の国”として知られるブータン代表監督に築舘範男氏、北マリアナ諸島代表監督に関口潔氏などが就任するなどしていた。

【了】

Comments

comments

カンゼンからのお知らせ

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top