ドログバ、「MLSはプレミアより難しい」。その真相とは?

2015年11月27日(Fri)11時52分配信

photo Getty Images
Tags: , , ,

20151126_drogba_getty
モントリオール・インパクトのFWディディエ・ドログバ【写真:Getty Images】

 かつてチェルシーなどでプレーし、現在はカナダのモントリオール・インパクトに所属するFWディディエ・ドログバが、夏から参戦しているメジャーリーグサッカー(MLS)の難しさについて語った。26日、大手メディア『ロイター』が伝えている。

 シーズン途中からモントリオールへと移籍したドログバは、レギュラーシーズン11試合で11ゴール1アシストをマークするなど大活躍。チームをプレーオフ進出に導いた。

 だが、自身初となった北米大陸でのシーズンは、特に移動の面で過酷だったようだ。

「(MLSでの)挑戦は異なるものだね。人々はMLSでプレーするのは簡単だと思っている。でも信じてほしい、プレミアリーグでプレーするよりも難しいよ」

「例えば、フライトを逃せば3〜4時間は空港に留まることになる。それが本当に辛いんだ。(MLSで)アウェイに乗り込むチームはあまり勝てないんだけど、到着するころにはみんな疲れてしまっているからなんだ」

 モントリオールは今季17試合のアウェイ戦で9敗を喫している。このうち1点差ゲームは5度もあり、いずれも先制を許しながら追いつけないという展開だった。

 それでもドログバは「いい選手がたくさんいるし、リーグは成長している。2、3年のうちに世界でも重要で存在感のあるリーグになると思うよ」と、MLSに将来性を感じている様子。なお、自身の将来については「今年いっぱいは今後を考える時としたい」とコメントしている。

【了】

Comments

comments

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top