リバプール、バルサの若手守護神に照準定める? すでに接触を試みた可能性も

2016年01月03日(Sun)11時31分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , ,

リバプール、バルサの若手守護神に照準定める? すでに接触を試みた可能性も
リバプールが獲得を検討しているテア・シュテーゲン【写真:Getty Images】

 リバプールが、バルセロナに所属するドイツ代表GKマルク=アンドレ・テア・シュテーゲンの獲得を検討しているようだ。2日に英紙『メトロ』が報じている。

 同紙によると、リバプールがシュテーゲンに直接接触しコンタクトを取ったとのこと。リバプールは同選手に対して以前から興味を示していたが、ついに守護神獲得に向けて動き出したようだ。

 シュテーゲンは今季公式戦12試合に出場。リーグ戦ではGKクラウディオ・ブラーボという絶対的守護神がゴールを守っているため、基本的にシュテーゲンはカップ戦要因となっている。

 しかし、昨季はチャンピオンズリーグ(CL)で全試合に出場し優勝に貢献するなど、確かな実力を持っていることもあり、ベンチに置いておくにはもったいない逸材だ。23歳と若く今後の成長が見込めることもあり、リバプールが獲得できれば大きな戦力となるだろう。ただ、移籍金は高額になることが予想されている。

【了】

Comments

comments

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top