ファルカオ、負傷の影響でモナコ復帰が遠のく…シーズン後半もチェルシー残留へ

2016年01月16日(Sat)20時18分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , ,

ファルカオ、負傷の影響でモナコ復帰が遠のく…シーズン後半もチェルシー残留へ
モナコからチェルシーに期限付き移籍しているラダメル・ファルカオ【写真:Getty Images】

 モナコからチェルシーに期限付き移籍しているコロンビア代表FWラダメル・ファルカオは、この冬にフランスへ帰ることはないのかもしれない。

 モナコのヴァディム・ヴァシリエフ副会長は、フランスラジオ『RMC』のインタビューで、「我々がファルカオと何度か話をしたのは事実だ。最初のアイデアは、彼がシーズンの後半にモナコへ戻って来るということだ」とファルカオの復帰を目論んでいることを明かした。

 しかし、ファルカオは現在負傷を抱えており、それが復帰へのネックとなっているようだ。

「彼は我々のもとに来てドクターから検査を受けたが、残念なことにけがをしていた。だから我々は決断したんだ。彼はチェルシーに残っていた方が良いとね」

 昨季はマンチェスター・ユナイテッドへ期限付き移籍していたファルカオだが、26試合に出場してわずか4得点。

 今季は再起を図るべくチェルシーに新天地を移したが、負傷などもあり21節時点で11試合のみの出場時間にとどまっている。うちフル出場は1回で、残りの全ては30分以下のプレー時間しか与えられていない。得点は、わずかに1ゴールだ。

 現在のチェルシーはフランス代表FWロイク・レミーが負傷しており、まともにプレーできるストライカーはスペイン代表FWジエゴ・コスタのみとなっている。

 チャンピオンズリーグの決勝トーナメントなど重要な試合が残されているシーズン後半戦に向けファルカオの復活に期待がかかるが、かつての姿を取り戻すことはできるだろうか。

【了】

Comments

comments

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top