南米サッカー協会、FIFA会長選に立候補のインファンティーノ氏の支持を宣言

2016年01月29日(Fri)0時12分配信

photo Getty Images
Tags: , , , ,

ジャンニ・インファンティーノ
FIFA会長選に立候補しているジャンニ・インファンティーノ氏【写真:Getty Images】

 南米サッカー連盟(CONMEBOL)が28日、ゼップ・ブラッター会長の後任を決めるFIFA会長選に立候補しているジャンニ・インファンティーノ氏を支持することをオフィシャルサイトで発表した。

 FIFA会長選は2月26日に行われる予定で、FIFA副会長のミシェル・プラティニ氏、AFC(アジアサッカー連盟)会長を務めるサルマン氏、事務総長代理などを務めた経験のあるジェローム・シャンパーニュ氏、実業家のトーキョー・セクワレイ氏、ヨルダンのアリ王子などの顔ぶれが立候補を表明している。

 インファンティーノ氏はUEFAの現事務局長を務めており、UEFAの理事会も同氏の支持を公言していた。サッカー界の未来を左右する大きな分岐点ともなるFIFA会長選、果たして誰が新会長に選ばれるのだろうか。

【了】

Comments

comments

カンゼンからのお知らせ

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top