ブッフォン、プレミア移籍の可能性が3度もあった!? 驚きの過去を告白

2016年02月23日(Tue)12時02分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , ,

ブッフォン
ユベントスのジャンルイジ・ブッフォン【写真:Getty Images】

 ジャンルイジ・ブッフォンといえば、イタリア代表、そしてユベントスの象徴的な選手である。

 2001年にパルマからGK史上最高額の移籍金でやってきたブッフォンは、以降14年間ユベントスの守護神に君臨し続けている。

 しかし、そんなブッフォンにもプレミアリーグへ移籍する可能性があったようだ。しかも一度や二度ではなかったという。本人が英国のTV番組『BTスポーツ』で語った。

 ブッフォンはアーセナルとマンチェスター・ユナイテッドが自身に興味を示していたことを明かしている。

「僕が20歳だった1998年に、アーセナル・ヴェンゲル監督と一度だけディナーをしたことを覚えているよ。そして、ユナイテッドのアレックス・ファーガソンも長く僕に注目していたことは明らかだ」

 そして、この2クラブ以上に本気で獲得を狙っていたクラブがあったという。

「最も本気で直接アプローチしてきたのは、マンチェスター・シティだった。彼らは新たな挑戦をするため、2~3人の有名な選手を獲得したがっていた。僕はそのうちのひとりだった」

 セリエAで長年プレーしてきたブッフォンだが、プレミアリーグへ移籍していたらどんなキャリアを歩んでいたのだろうか。

【了】

Comments

comments

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top