柏レイソル・田中順也が語るFWの個人戦術『インテリジェント・ストライカーの戦術眼』(後編)

2012年12月23日(Sun)14時52分配信

text by 川本梅花 photo Kenzaburo Matsuoka
Tags:

工藤とのコンビは『ギラギラ2トップ』

――北嶋選手や工藤選手。2トップを組む選手が違うケースがある。ペアを組む選手ごとに田中選手の役割も違ってくるんですか? まず北嶋選手から話してもらえますか?

「僕のポジションは誰と組んでも1つ下がった位置なんです。だから誰と組んでもやることは変わらない。キタジ(北嶋)さんは、ニアサイドに飛び込むのが得意なので、僕は逆にファーサイドに飛び込むようにしています。キタジさんとはバランスがとれていて、相性がいい部分がありますね」

――バランスがとれているとはどの部分で?

「僕は、ファーに流れてシュートを打つのが得意なんですよ。ファーでボールをもらうためにプルアウェイする。中にいったん入ってから相手のマークを外す。そしてボールをもらったら振り向いて左足でシュート。それが僕の形なので。キタジさんがニアサイドに入るからバランスがとれるんです。でも、ニアサイドに僕が入って得点したこともあるので、基本的にはどちらのサイドでもいけますけどね」

――次に、シーズン後半戦になって組むことが多い工藤選手とはどうです?

「工藤と組むときは、お互いが点を取りたい同士なので『ギラギラ2トップ』って言ってるんです。お互いが得点を取りたいから、時には僕が工藤に、工藤が僕にパスを出さないこともよくあるんですが(笑)。でも、そういうのも悪くないかな、と思っています。どっちかが遠慮して、どっちも消極的になったらよくない。ただ、2人の距離感だけは意識するようにしています。僕と工藤の距離が広がったら、1トップ同士でやっているみたいな感じになってバランスがよくない。距離感だけを意識するようにすれば、『ギラギラ2トップ』でも共存できると思っています」

――中盤で起点になっているレアンドロから、田中選手の足元にピタッとパスが通ることが多い。レアンドロに「こういうパスが欲しい」と田中選手から要求したことはありますか?

「逆に要求されます。詳しいことは言えませんが、『俺がここに出したいから、お前はこう動け』と。タイミングをつかむのは難しいですが、神戸戦(2011年・J1第26節4-0)で僕がとったゴールはうまくいきましたね」

1 2 3

新着記事

↑top